「石川文康」おすすめ作品一覧

「石川文康」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/31更新

ユーザーレビュー

  • カント入門
    入門とはいっても敷居は決して低くないので、事前に予習が必要。こちらでカントの思考過程を踏まえれば、三大批判書にもチャレンジできるはず。少しずつ高みを昇るべし。
  • カント入門
    たいていのカント入門書は『純粋理性批判』の構成通りに解説が進んでいくが、この本はアンチノミー論(超越論的弁証論)を軸にして進んでいく。この構成のおかげで、カントがなぜ超越論的観念論という一見奇妙にも思える主張をしたのかがよくわかるようになっている。すぐれた入門書といえる。
  • カント入門
    カントを通して、目的と手段のエセ関係と根本目的を学ぶ。本文に回心とあるような、哲学する醍醐味を存分に味わった。たしかに生きることに厳格な哲学だ。真の批判だ。

    ・哲学においては定義は出発点ではなく、むしろ目標とすべき終着点。
    ・根本真理は原理的に証明不可能。
    ・アプリオリは先天的と訳すのではなく、経...続きを読む
  • カント入門
    ヒュームの著作と純粋理性批判を読みたくなった♪
    カントがヒュームとルソーに大きなトリガーを得ていたなんて・・・どちらも自分の好きな思想・理論の持ち主だったので、なおさら衝撃的でした^^
    因果律として捉えるメカニズムって、本当にア・プリオリなのでしょうか?ん~、純粋理性批判を読もう!(^_^)
  • カント入門
    「厳格」といわれるカント哲学を,カントの思索に沿って(少なくともそれを意図して)書いた本.膨大なカント哲学の体系の一部ではあるが核心を記述しようとしているところが,入門者としてはありがたい.

    理性が宿るのは「自律」にこそであるという.またそこにこそ道徳は存在する.人間存在に対し非常に厳格なことを要...続きを読む