尾崎一雄の一覧

「尾崎一雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/28更新

ユーザーレビュー

  • 単線の駅
    ・≪車内禁煙≫
    昭和49年の作品。4,5年前に湘南電車の平塚・東京間が車内禁煙となったころのエピソード。日に50-60本吸う愛煙家の筆者が戸惑いながら、ルールを重んじ、守らない者に注意を促す。時代を感じる。
    ・筆者が農薬や化学品、人間の驕りに危機感を感じる気持ちが度々みられる。例えば、≪盛夏漫筆≫(...続きを読む
  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
    やはりベストは『虫のいろいろ』。額のしわで一匹の蠅をつかまえながら(くしゃおじさんに匹敵)、そこから確率論、宇宙の有限or無限まで話がいって、最後は「うるさくなったのだ」というサゲ。笑える。

    続く「蜂」の連作もよい。対象即自己。『城ノ崎にて』を落語にするとこんな感じか。
  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
     曲が終わった.すると蜘蛛は,卒然といった様子で,静止した。それから,急に,例の音のないするするとした素ばしこい動作で,もとの壁の隅に姿を消した.それは何か,しまった,というような,少してれたような,こそこそ逃げ出すといったふうな様子だった。――だった,とはっきりいうのもおかしいが,こっちの受けた感...続きを読む
  • 暢気眼鏡
     ひどい生活の中で芳枝が割に暢気でいることは,現在助かると思いながら私としては一方絶えず追い立てられる気持ちだった。この暢気さが何時まで続くか,ゴム糸が延び切ったらそれでおしまいだ。そうならぬうちにと,平気な顔の奥で焦り続けている私のそばで,暢気な芳枝は暢気なお饒舌りばかりする。殊に好んで幼時の話を...続きを読む