「桝田啓三郎」おすすめ作品一覧

「桝田啓三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/25更新

ユーザーレビュー

  • 死にいたる病 現代の批判
    一言で言うなら、「自分病」か?

    現代社会の大衆的平均的な人間の在り方については、百年経った今でもそれは顕著だと感じる次第。
  • プラグマティズム
    お父さんはシャーロック・ホームズのモデルの一人、自身も偉大な最高裁判事Great Dissenterのオリバー・ウェンデル・ホームズの考え方とされているプラグマティズムをきちんと理解したいと思い、読んでみた。まさに教条主義と判例主義の違いのような、大陸法系のどちらかというと正しい法があるというイデア...続きを読む
  • 死にいたる病 現代の批判
    キルケゴールの最高傑作なのではないでしょうか?

    これまでつちかった神学から導きだされた。
    絶望と人間の関係!

    絶望とは自由の目眩である!
    最高の名言ではないでしょうか?

    とにかく丁寧に書き上げるキルケゴールに脱帽。
  • プラグマティズム
    生活に実用性を持つ哲学でなければ、その論争に何らの意味も持たない。
    合理論者と経験論者の論議、一神教と多神教、それらはそれらでそれぞれ真に違いなく、また偽でもある。それら一方を取ることになんの意味があるのか?なるほど、そういった論争に勝利することで得られる優越感などの意味においてであるなら、まさにそ...続きを読む
  • プラグマティズム
    ヨーロッパの思想史を貫く合理論と経験論の両立を目指すプラグマティズムは全くもってアメリカ的だ。原理原則ではなく事実や結果を重要視する姿勢は真理すらも到達点ではなく仮定のものであるとし、同時に有効であり善であるものを真理だとする考えが日本人には不可解に見える科学的態度と信仰心の両立を可能としている。一...続きを読む

特集