検索結果

  • 美しすぎる暗殺者〈奪われた王冠V〉
    完結
    -
    海辺のレストランを経営するエリザベスには、つらい過去があった。少女の頃に両親を殺されたのだ。以来、人と距離を置いてきたエリザベスのもとに、ある時、エイダンと名乗る見知らぬ男がふらりと現れ、バーテンダーとして雇ってほしいという。彼はどこか謎めいて美しく、エリザベスは心にブレーキをかけようとしたのに彼にとめどなく惹かれてしまう。だが彼にはある秘密があった。エイダンはエリザベスに近づき、用意周到に罠を仕掛け、彼女を捕らえつつあった!
  • フィレンツェの薔薇〈奪われた王冠IV〉
    完結
    -
    「いったい私は誰? 私が何を知ってるというの…?」一週間前、シルバーシャー王宮内の医療棟のベッドで目覚めたときから、ザラは何も覚えていなかった。頭痛がして、見るのは奇妙な夢ばかり。--記憶喪失なのだ。そんなザラを治療するために、今回、わざわざ専門医が派遣されたという。しかし、そのハンサムな医師は、鋭いまなざしでザラをひと目見るなり怒りと情熱をあらわにした!?彼は私を知っている。彼を信用してもいいのかしら?
  • 愛を知らない王女 奪われた王冠 II
    -
    シルバーシャー王室の広報責任者チェイスは、他国の王女シドニーの元へ向かった。彼女が亡き王子との関係を公表しないよう、金銭でかたをつけるのが目的だ。王子にのぼせあがるような女性なら、交渉は簡単に違いない。だが、そんなチェイスの予想は裏切られた。彼女の滞在するホテルへ着いたとたん、二人は何者かに銃撃され、やむなくチェイスは彼女を守るはめになったのだ。★王位継承者を巡る陰謀うずまくミニシリーズ『奪われた王冠』。今月は日陰のプリンセス、シドニーがヒロイン。はたして彼女が愛を知る日は訪れるのでしょうか?★
  • 愛を知らない王女〈奪われた王冠II〉
    完結
    -
    ネイサ国の王女シドニーは、王女とは名ばかり。富はあっても私生児として蔑まれ、家族とはどんなものかも知らない生活を送っていた。ある時、大国シルバーシャーの王子、レジナルドに優しくされ、シドニーはすべてを許してしまう。が、王子は妊娠を知ると、彼女を捨て去った。残された彼女のもとに、今度は見知らぬ長身の男性が現れる。「シドニー王女ですね。シルバーシャー王室の者です。」王子は私にとって、災いだったわ。この美しい男性は、私に何をもたらすの?
  • 美しすぎる暗殺者 奪われた王冠 V
    -
    少女だったエリザベスの目の前で、正義は否定された。両親の命を奪われたうえ、事件は王室関係者に握りつぶされたのだ。以来、エリザベスはずっと悲しみと憤りを胸に生きてきた。ある日、彼女の経営するレストランに、新しいバーテンダーのエイダンがやってくる。輝くブロンドの髪にブルーの瞳。ほほえみを浮かべ、情熱を含んだまなざしで見つめてくるエイダン。エリザベスは一目で惹かれながらも、ハンサムすぎる、トラブルのもとになりそうな彼に、心を開くのをためらう。この人はただのバーテンダーではない気がする。いったいなにが目的でわたしに近づいてきたの?★ミニシリーズの五作目をお届けします。王子の死をめぐるスキャンダルで、新たな王位継承者の存在が明らかに!はたして王冠は誰の手に。★
  • 拒まれたプリンセス 奪われた王冠 I
    -
    結婚式が数日後に迫っていた。好意すら抱いていない許嫁の王子との望まない結婚。だが、王女であるアメリアには、より大きな国と同盟を結び、自国と国民を守る義務があった。唯一の心残りは、本物の愛を知らぬまま結婚すること。一度でいいから愛される喜びを味わいたい。そんな気持ちでいた彼女を迎えに来たのは、許嫁ではなく、遠い昔に胸を焦がしたラッセルだった。今やたくましい男性へと成長した彼を前に、アメリアはたったひとつの望みをかなえようと決意した。★架空の王国シルバーシャーを舞台に王位継承権を巡って繰り広げられる愛憎劇と事件をお楽しみください。★
  • 拒まれたプリンセス〈奪われた王冠I〉
    完結
    4.0
    「私を自由にして。ほんの束の間、本当の自分になりたいの」。パーティーの夜が最後のチャンスだった。小国の王女であるアメリアは、もうじき許婚と政略結婚させられる。相手は大国の王子だが、身勝手で、常に周囲からちやほやされなくては我慢できないような性格だった。そんな男性のために、私は操を守ってきたわけじゃないわ…。アメリアはありったけの勇気をふりしぼって、幼い頃に淡い恋心を抱いたラッセル・キャリントン公爵の胸に飛びこんだ…!
  • シークに焦がれる夜に 奪われた王冠 III
    -
    シルバーシャーの外務省に勤務するカサンドラは、重要な任務を命じられて緊張していた。王子殺害への関与が疑われている隣国のシーク、カディールをもてなし、かつ宮殿から遠ざけておくのだ。この仕事をうまくこなせれば昇進も夢ではない。張り切ってカディールを出迎えたものの、彼をひとめ見たとたん、予想外の困難が待ち受けていることに気づいた。彼に恋してしまったのだ。★シルバーシャー国の王位継承権をめぐって起こる陰謀とスキャンダルを描いた連作『奪われた王冠』。亡き王子の関わっていた悪事もいよいよ本作で形が見えてきます。★
  • シークに焦がれる夜に〈奪われた王冠III〉
    完結
    5.0
    大国シルバーシャーの外務省に勤務するカサンドラは、お堅くて男性に興味がないと思われている。本当は誰にも言えないが、嵐のように心揺さぶる運命の恋を待っているだけなのに--。そんな彼女がある日、砂漠の国から来た国賓、シーク・カディールの案内役を命じられる。そして、飛行機からタラップに降りる彼の姿を見た瞬間、カサンドラの心臓は早鐘のようにドキドキ打ちはじめた!嘘よ…この美しい黒髪のシークが、私の運命の相手だというの?
  • 反逆のプリンス 奪われた王冠 VI
    -
    〈ラズロ・グループ〉のエージェント、リア・デ・ヘイズは、ニコラス・ドノバンを見つけて祖国に連れ帰るよう命じられた。半年前に毒殺された王子レジナルドが国王の実子ではないとわかり、反王制活動をしていたニコラスが真の王子だと判明したのだ。リアはニコラスの潜伏先をつきとめ帰国を促すが、彼は頑として応じようとしない。その一方で、リアは以前彼に会ったことがある気がしてならなかった。でも、いつ、どこで?彼女はその疑問をニコラスにぶつけた。すると彼は言った。「ヒントをあげるよ」そして、リアに情熱的なキスをした。★王子の死をめぐるスキャンダルから、王冠のゆくえを追ったミニシリーズも、いよいよ最終話。数々の困難を乗り越えて迎える、華麗なロイヤルウエディングにぜひご出席ください。★
  • 反逆のプリンス〈奪われた王冠VI〉
    完結
    -
    5か月前、大国シルバーシャーの王子が殺された。真っ先に疑われたのは、反王制組織のリーダー、ニコラス・ドノバン。身に覚えのない噂から逃れるため、ニコラスはパリに潜伏するが、追っ手がやって来る。だが、バルコニーから侵入してきた黒づくめの人物を捕まえたニコラスは驚いた。相手は無抵抗な美しい女性だったのだ。しかも、2人は以前出会ったこともある。ニコラスは、「僕を思い出せない?それならヒントをあげよう」と情熱的なキスをして…!?
  • フィレンツェの薔薇 奪われた王冠 IV
    -
    彼女はなにも覚えていなかった。一週間前、病室のベッドの上で目覚めたときから。頭痛がして、見るのは奇妙な夢ばかり。わたしは誰?どうしてこんなところにいるの?今、部屋に入ってきた男性にも見覚えがない。長すぎるブロンドの髪に無精ひげ。鋭いまなざし。彼はわたしを見てひどく動揺しているみたいだけど。男性が口を開き、彼女は息をのんだ。「ぼくはドクター・ショー。きみの記憶喪失を治療する」あなたにわたしの記憶がとり戻せるの?まるで過去の幻にでも会ったようにわたしを見つめるあなたに。★五月からお届けしているミニシリーズも四作目を迎え、王子の死をめぐって新たな事実が明らかに。意外な展開を見せる王室のスキャンダルのゆくえにご注目ください。★

最近チェックした本