【感想・ネタバレ】楽観論(新潮新書)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年09月02日

週刊新潮の連載『誰の味方でもありません』の書籍化第二弾。

2018年から2020年のものなので、時代を振り返ることもできる一冊。
コロナ禍になる前、こんなことで日本は賑わってたんだなぁと、なんだか随分昔のように感じました。

ちなみに、この写真は蜷川実花さんが撮られたそうで。
前のもよかったけど、...続きを読むこれは爽やかさが増してとても素敵ですね。
本屋さんで思わず見惚れてしまいました。

当時の連載すべてに後日談が加筆されているので、週刊新潮で拝読済でも楽しめます。
こういう新たな楽しみを作ってくださることに毎回感謝。
古市さんご自身が、当時をどう振り返られるのか興味深く読みました。

こんな世の中を諦めるんじゃなく楽観的に捉える。
人生はローリスクハイリターン。
何とかならないことは、ほとんどない。

絶望したり悩んだり苦しんだり。
悲観的になるのはとても容易。

だけどいつも「それでも」と思ってしまう。

あぁ、そうなんだ。
そういうことなんだと、すとんと落ちた気がします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年02月11日

子供が社会問題に興味ない、ニュース見ないと困ってる親御さん、本書がオススメです。
他の方が言われている通り、私も古市さんは書体の方が面白いなーと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月26日

・面白い言い回しがたくさんあってそれだけで高評価(得られる知識自体はそんなないけど)

・ネットで著者が喋ってる動画、何回か見た事あるけど、本の方が断然面白い

・表紙の「絶望って、安易じゃないですか?」
という文言を見てなぜか買ってしまった。

12/26追記
・3章、4章は平凡だった。

・著者...続きを読むの他の本を読んでみようと思う。

2/17追記
・「自己肯定感が低い人は、本当の自分に対する期待値が高い」と書いてあってハッとさせられた。

・(続き)「ワタシ、自己肯定感低いんだよねー」と聞かせれた時のモヤモヤをなるほど、解消してくれそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月30日

古市君のコラムは何故か古市君の声で読んでくれているようである。
テレビでコメントしているスピードで文字を追っている感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月22日

古市さんの著書を初めて読みました。

長岡の花火大会が長岡空襲の慰霊の祭りと言うことを初めて知りました。その背景にあるものを知ることは、批判するよりも、その背景に何があるのかが大切なのだなと感じました。

またコロナ様式のあり方が、平安時代の貴族の生活に似ているというのが斬新でした。

決して過激な...続きを読む考え方をする人ではないですが、視点を変えてみると、理不尽な世の中も少しは楽になるのかなと感じました。まぁ、重度にもやりますが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月04日

★4.2(3.31)2021年8月発行。2018年から2020年にかけて週刊新潮に連載した「誰の味方でもありません」に後日談を掲載して書籍化したもの。社会学者だけあって、と言ってもまだ36歳だが、かつ大学の先生ではなく、作家かつタレントとして、テレビにも引っ張りだこですね。小説も含め、若い感覚でとて...続きを読むも読み易い文体です。内容も着眼点が面白く、これからも読み続けたい著者の1人です。小説については、本人は芥川賞を狙ってるように思われますが、いつも次点。小説もまあまあ面白いのですが、まだ独身?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年08月27日

古市さんらしさ全開でおもしろかった。もちろんタイムラグはあるが、古市ワールドを楽しむには十分すぎる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年05月10日

古市さん興味あるってことで読んでみた。TVのコメンテーターやってる時も素なんだなと改めて思った。飾らない皮肉屋そこが面白いのはこの人の持ってるとこなのでしょうか?!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月07日

1トピック3ページで読めるので、さくさく読めちゃう。
過去の争いを忘却することで関係は良好になるというのが、確かになぁと思えた。戦争の歴史って、忘れちゃいけないと思いがちだけど、明治以前の戦争を今でも根に持ってる人、いないですよね。
ちょっと目から鱗の発想でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年10月17日

週刊新潮のコラムをただまとめたものである。ただまとめたものであると言えど、まとめて読むことで時代の流れを感じられるし、古市氏のものの考え方が伝わってくるのて、きようみぶかい。いろんなところにアンテナを張っていることと、シニカルで鋭い意見を持っていることは年下ながら嫉妬しながらも尊敬する。彼の小説を読...続きを読むんでみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年09月11日

気を楽に、読み進めることができました。
いろんな角度から、いろんな話題が、3ページずつ紹介されていて、頭の中が落ち着かない時も、ちょっとした時間に文字にふれたい時も読むことができました。

最後まで読み終えたとき、「楽観」のイメージがふわっと舞い降りてくる感じがしました。

時間をおいてまた、ページ...続きを読むを繰ってみようと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年08月30日

『全ての現実を仕方ないと受け入れたり、何の約束もない幸運を待ち望むくらいなら、せめて楽観的になったほうがいい』
『何とかならないことは、ほとんどない。少なくとも、そう思って行動していたほうが、人生はずっと楽になる』
『アンチエイジングといえば、スキンケアばかりが注目されがちだ。しかしもっと心のアンチ...続きを読むエイジングが重要視されてもいいのではないか』
『正義のカルト化が進む一方だ。自分の信じる正義を追求し、異論を挟む人を糾弾するのも結構だが、その行為は少しもクリエイティブではない。社会運動家ならともかく、新しい知を創造すべき学者たちが、血眼になり他者を叩いている様を見るのは哀しい』


2018ー2020までの週刊新潮の連載を書籍化。
楽観とは、腹をくくるということなのだ。嫌な奴はいるし、期待通りに物事は進まないし、不平や不満が尽きることはない。それでも、僕たちはこの世界で生きていくしかない。
危機の時代、安易な厭世論に陥らず軽やかに生きるためのヒントが書かれている。

このレビューは参考になりましたか?

「エッセイ・紀行」ランキング