【感想・ネタバレ】四十歳、未婚出産のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年03月02日

主人公は40歳目前のキャリアウーマンで、上司や会社の人の嫌みにも落ち着いて切り返していますが、身内には怒鳴ってしまったりするのがリアルでよかったです。兄のエピソードでは主人公も偏見の目を持っているというのが感じられたのもまた人間味があってよかった。
最後は、こういう選択をしたのかとちょっと驚きました...続きを読むが、自分に何かあって子どもを育てられなくなったら……と考えると、周囲や自分自身の感情は置いといて、こういう選択もありなのだろうと思います。
早く戸籍制度なくなればいいのになぁ。


このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月24日

男女平等、女性の社会進出が叫ばれて久しいが、未婚女性、特にシングルマザーへの風当たりは強いし、経済的・制度的支援も乏しい。本作でも「世間は未婚より離婚の方が納得する」と言及があったように「バツイチシングルマザー」の印象はさほど悪くないのに、初めから籍を入れずにシングルマザーとなった女性に違和感を抱く...続きを読む人はどういうわけか多いように感じる。
全体的にポップな文体ではあるが、人種や出自、性別、国籍、未婚か既婚か、子供がいるかいないかなど、日本社会にはさまざまな差別が渦巻いているという重い課題を読者に突きつけている。
命があるだけで素晴らしい。そんなことは誰もが分かっていることであるにもかかわらず、戸籍や出自に未だに多くの日本人が縛られていることを改めて認識させられ、戸籍制度の意義を考えさせられる作品でもあった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月19日

40歳目前で、妊娠が判明。お相手は、一夜だけの会社の男性部下。知れば知るほど封建的かつDV野郎、おまけに取っ替え引っ替えの彼女。しかし、いわゆるイケメン。相手に「貴方が父親よ」とも告げられず、嘘の上塗り。一方、帰省すれば田舎の親戚一同の目も煩わしい。主人公の姉や兄の家族事情も合わせて、家族や姉兄も含...続きを読むめて、少しずつ何かが変化していく。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月28日

読み始めてしばらくして、あれ読んだことあるって思った。
でも細かいところは忘れていたし、筋書きが面白くてぐいぐい最後まで読んでしまいました。四十歳のキャリアウーマンが思いがけず妊娠してしまって、どうする?!って話。
さすが柿谷さんで色んなテーマを盛り込んできて、会社の中の妊娠出産についての理解のなさ...続きを読む、田舎でのシングルマザーへの理解のなさ、日本で暮らす外国人への理解のなさ。すべてにおいてすごくリアル。
最後はなんとか丸く収まるんだけど、同級生の住職の凡庸が良い!器が大きくて、人として一番かっこいいかも。この人が優子の身近なところにいてくれるならなんだか大丈夫な気がするよ。面白かったです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月21日

40歳を目前に控えたキャリアウーマンがシングルマザーの道を選択するという重いテーマでした。
子供の父親になってもいいという人が2人も現れ、しかも一人は断ってしまうとか、ちょっと現実離れしてる気はするが引き込まれて読める、垣谷さんらしい、読んで損のない作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月10日

読んでいて腹が立ってくる話だった。独身や黒人の方と結婚した女性を差別し、「女は男の世話係」と考えている田舎の親戚、そして男は女と違って何歳になっても若い女と結婚できる!と発言し、女の価値を若さで考える男友達、子供の父親になることを鼻から考えず妊娠は恐怖、土下座してでも堕してもらうと発言する子どもの父...続きを読む親の後輩水野。そしてそんな彼との結婚を夢見る若くて綺麗な彼女。会社のマタハラパワハラも満載。主人公も主人公で言えばいいのに!とヤキモキする場面が多々あり。水野が本当にダメ男過ぎて。すぐ新しい彼女ができてハワイに行く場面は本当にガッカリ。唯一の救いは凡庸さん。最後は凡庸さんありがとう、という気持ちで終わった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年03月27日

出張先でのたった一夜の過ちで身籠ってしまった優子。今年四十歳になる自分には、これが出産のラストチャンス。

田舎の閉鎖的な人間関係には辟易しているためUターンはできない。悩んだ末、姉に相談してみたがすぐに母親へ情報が筒抜けに。
おまけに姉への相談内容を職場で聞かれていたのは、子供の父親の現・恋人。何...続きを読むやらその後コソコソ嗅ぎまわっていて…
仮定の話として子の父に「あなたの子、と言われたらどうする?」と探りを入れれば、「土下座してでも堕ろしてもらう、もしくは流産してもらう」と恐ろしい返答。これは何が何でも隠し通さねばならない。

日本で未婚のまま母になる、ってどうしてこんなに肩身が狭いの?


今の世情や特に女性の生き辛さについて、こんなエンタメ作品にしてくれるなんて垣谷作品は安定の面白さ。
優子の意思を受け入れ、尊重してくれる味方が中盤までいなくてハラハラした。
凡庸の懐の深さ、かつての不倫相手が職場幹部となり働き方改革を推し進めて何とか今後の見通しができてよかった。希望の光が見えた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年03月23日

最後のエピローグ泣けた。。

ダイバーシティって言葉だけがバズって、未だ実態に至っていない日本を象徴しているのかのよう。
40歳未婚で出産だっていいじゃない(大変かもしれないけど)、国際結婚だって肌の色の異なる子どもだって、こういうことに偏見を持たれない時代に早くなってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月13日

題名からして読みやすいだろうなと思ったとおり、読みやすかった。
世間体や噂は、いつまでもつきまとうもの。
それでもわかってくれる人や場所はあるっていうことかな。
いろんなことが整わなくっても、辻褄が合わなくても、人それぞれ。
みんな幸せで楽しく過ごせて行けたらいいんじゃないかとこの中に出てくる海外ボ...続きを読むランティアの子に言われてる気がした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年05月03日

続きが気になって読み進めたけど
結局、水野に言わない選択をした優子。
家族との絆は深まった。
お寺の住職が良い人すぎた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月29日

率直に面白かった。

ただ上司の最悪さ、親戚の世間知らずさには、気分が悪くなった。

最後には、みんな晴れやかな顔になったようで、スッキリ読み終われて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月22日

面白かった。お母さんの歯に衣着せぬ物言いが笑えた。私も数年後、四十歳になり、優子のような人生にもなりかねぬと思った。世間の目や世の中の考えが必ずしも正しくないし、今後もっと多様性が浸透していく世の中であって欲しいと切に願う。優子の生き方も悪くない!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月21日

これを読んでまず最初に思ったのが、キャリアウーマンの女性妊娠して相手に妊娠の事実を伝えず出産するというストーリーなら、シングルマザーを題材とした小説なのですが、優子の母親が生まれてくる子の父親になってほしいと懇願する場面や、実の父親でない凡庸が私生児にさせないために婚姻するなど、ストーリー的に破綻し...続きを読むているのを、読む側に感じさせていないのがいいです。
帯に女性への応援小説と書かれていますが、逆の観点で言うとシングルマザーになるのならよく考えたほうがいいと教えられている気がしました。
この世の中、大勢のシングルマザーが苦しんでいるのが現実ですから・・・

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年03月20日

良かった点は、子の父親との和解をしなかったところ。断ち切れぬ縁が出来たとしても絶対に相互理解し得ない関係とはあるもので、そこに理想論が存在しなかったのは良かった。一方で他の家族たち、婚姻相手については少々ご都合主義を感じた。あとは、現代の設定でここまでハッキリパワハラマタハラがあるのかと疑問に思って...続きを読むしまった。明確な困難として描き切りたいのであれば、もう少し回りくどく陰湿なほうがリアリティがあったように思う。古い価値観からのしがらみに囚われることに苦しみながらも、最終的に世間体から(それだけではないだろうが、その辺りの描写はもう少しあっても良かった気がする)婚姻という選択をする。どうにも中途半端な気もするが、人は1人では生きていけないし、助けて欲しい時には周りに頼り、お互い様で生きていく。何もかも白黒つけるばかりが正解ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月20日

とても読み進めやすかった。難しいテーマだけれど一つ一つを綺麗に見せるのでなくありのまま今の社会の現実に沿って書かれていた。田舎の母親はやりすぎだと思ったけど、アルアル。昔ながらの考えと社会風潮と、生きづらさに翻弄されながらも、理解を示そうとする人たちに支えられ自分の気持に正直に選択していく主人公。
...続きを読む国際結婚のことについても触れられていて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月26日

嘘をついてというより、偽って生きていくのは辛いな。重いテーマが盛り沢山だけど思ったよりあっさりと読めた!

このレビューは参考になりましたか?