【感想・ネタバレ】ありふれた祈り おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IXのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年07月29日

おいしいコーヒーのいれ方シリーズ最終巻
26年19冊の長期に渡る物語がやっと完結
とは言いつつ、毎年1冊ずつ発刊してて最終巻だけ7年越しなわけだけれども

「凍える月」からの決して消せない出来事もなんとか解決に向けて動き出したようで何より

ってか、当時は僕自身、子供が生まれることに関して敏感になっ...続きを読むてた時期だったので、勝利の事がどうしても許せなかったんだよね
でも、時が経って今やその子も8歳だし、多少は客観的に見られるようになったかな

しかしまぁそれでも、もし自分の子供が誰かのせいで生まれることがなくなったとしたらと思うと今でもかなり難しいな
だからこそ、マスターのセリフには涙を流しながら読んだ
マスター強いなぁ……
もし自分が同じ立場だったら、そんな言葉をかけてあげられたかどうか
お互いに避けるような関係になってたか
いやでも、かれんの立場を考えると、それも難しいか
などと堂々巡りの思案をしつつ、この構図を作った村山由佳という作家の凄さがよくわかる


それにしても、僕がこのシリーズを読み始めてから20年か
いつの間にかかれんやマスターの歳を越し、親世代に近しいところまで来てしまったよ
もし当時に最後まで一気読みできてたとしたら、もっと違う感想だっただろうと思う


長期シリーズが故の時空の歪みも気になるところ
シリーズ初期は電話ボックスから電話かけてたけど、今やそんなもの探しても見つからなくなったし
大学生が携帯電話を持っていないというのが逆に珍しいな状況になったり
そう言えば、途中からは写真のやり取りができるようになったとかってエピソードもあったね
そして今回のLINE云々でしょ
一体どの時代設定で読めばいいのかね?(笑)
個人的には、今回のは無視して2000年前後の話として捉えているけど


あと、エアーズロックが登山禁止になるというのも時空の歪みかな
登山客が少なくなったら禁止になるなんて契約があったなんて、まったく知らなかったもんね


まぁとにかく、完結してよかった
村山由佳の私生活もかなり変化したもんなぁ
それに伴って物語の作家性も白ムラヤマと黒ムラヤマに分かれたり(個人的には黒というよりは桃色ムラヤマだけどね)

ってか、本人がいとこと結婚したというのが一番の驚きかな
だからこそ、このシリーズを完結できたのかと邪推しないでもない

僕は白ムラヤマの作品が好きなので、もう村山由佳の新しい小説を読むことがなくなるかも知れない
そう考えると、より一層の感慨深さを感じる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年10月10日

ついに迎えた最終巻!1994年から、実に四半世紀にわたる連載、村山センセイお疲れさまでした、そして、ステキな物語をありがとう。かれんと勝利の、そしてすべてのキャラの幸せを願って…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月25日

おいコー最高!
久々でしたが一気読みでした。
これで終わるのが寂しい。
復活を待ちたい!
村山さん作品は全部今のところ面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月09日

前巻から最後の1巻まで7年かかってる。完結してから一気読みしてよかった。こんなにも優しい人たちって、ほんとにいたら世の中の争いごととか無くなるんだろうなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月28日

中学生から読み続けて私もショーリたちと同じように大人になりました。
ただ、中身は成長していないなぁと反省する気持ちも。
村山先生ありがとう…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月19日

よかった。おいしいコーヒーは読み始めたら一気に読みたくなってしまうのが昔からだったけど、セカンドシーズンは更にそうだった。赦しとは何か、人を赦すとはどういうことか、どうしたらそこへ辿り着けるのか。自分の人生で体験する前に道のりを教えてもらえた気がする。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

良かった

ミガ 2021年01月26日

もう新刊は出ないのかなと思っていました。
ラストまで読めて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月25日

発売日に購入したにも関わらず、終わってほしくないという思いが大きく今の今まで読むのを引き延ばしていた。ショーリくんとかれんさん、周りの人達との関係が濃くて複雑で羨ましくなる小説。ハッピーエンドに近い終わり方で安心した。もう一度読み直したい小説。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月13日

20.07.19~20.07.20
待ちに待っていました、おいしいコーヒーシリーズ。
和泉勝利の優柔不断で優しくて危なげな感じ、それに対をなす花村かれんの芯の強さ、好きな二人がどうなっていくのか、とにかく待っていました。このまま未完になってしまうのではないかと。読めて良かったです。
この作者の、この...続きを読むような作風の、「ザ・青春ドキドキ」が好きです。路線変更してしまったようなので、もう、こんなにも新刊を待つ事はないでしょう。本当に、25年間、ありがとうございました。わたしにとって、この小説は最高においしかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月17日

長い長いお話
26年前?
作者と同い年の私  もうあの頃に戻れない

私の中で、続きが早く読みたいような
終わって欲しくないような
おいコーとガラスの仮面
そのうちの一つが終わって
寂しいような、ホッとしたような

今更ムリとは思うけど
海のそばの波音の聴こえるところに住みたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月26日

最終巻。読み終わってしまったなー。

読み始めた時、同年代、年上だった勝利やかれんがあっという間に随分と年下に笑。。。

各章のタイトルが洋楽曲になっていて、その曲を好きになったり(コンピレーションアルバムも出てましたね)。というか、エピローグのタイトルみて、そういえばもしかしてと1巻を見返したら、...続きを読む最初のタイトルが「Let it be」で、勝手に震えてました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月18日

かれんと勝利の物語。
ずっと待っていました。17年間読み続けた作品。
ついに終わってしまいました。

またいつか読み直したいと思います。初めから

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月13日

『ありふれた祈り/おいしいコーヒーのいれ方 Second SeasonⅨ』/村山由佳

開始から26年の長きに渡って、続いた『おいしいコーヒーの入れ方』シリーズ。完結本となります。
著者の代表的な作品の一つですね。
個人的な話をすれば、このシリーズは、私の読書ライフ、読書を好きになったきっかけになっ...続きを読むた2冊のうちの1冊です。

2000年代初頭、学生時代に、このシリーズのことを薦めてくれた大切な人がいました。その人がきっかけでシリーズを読み進めるうちに、ドハマりしてしまいました。
このシリーズは集英社の夏のフェアで毎年文庫版が出るような形だったのですが、完結編の本書が出るまでに、7年の歳月を要しました。毎年夏を迎えては、「出てるかな?」と楽しみに書店へ向かうのですが、近年は「今年も出てないか」と悔しいやらさみしい気持ちが入れ混じった感じとなりました。だから、今年の夏を迎えて、はからずも、この本が出ていたことをたまたま入った書店で見つけた時の感動は計り知れないものがありました。

その背景について著者からすると、

p266
「”赦し”っていうのは、いったい、何なんでしょうね」
ここから先へ踏み出すことが本当に難しかった。
自分にも見えていないことを、作品にしていいのか。わかりもしないことを手探りで書いて、どこかへ辿り着けるものなのか。
その躊躇いこそが、こんなに長い間「おいコー」の続きが書けなかったことの、一番正直な理由です。

結局のところ、この『ありふれた祈り』は、”答えの見えていないこと”を”手探りで”書き綴ったものとなりました。”どこかえ辿り着け”たかどうかはわかりません。

としています。
というのも、グランドフィナーレに向かう最中、とてもとても重くて深刻な出来事を主人公である、和泉勝利を襲います。それこそ、現実世界においても答え何て出せないくらいのもの。
それに向き合うことに対する著者の苦悩がありありと、伝わってきます。

だからなんでしょうか、このシリーズの作風が大好きでした。とても瑞々しい感性に溢れた作風だからこそ、最後の最後まで・・・
著者の言葉を借りるなら、

p270
活字を追いながら、我がことのようにドキドキして頂けたなら、それほど嬉しいことはありません。
コーヒーも、小説も、同じこと。
要するに、「おいしいか、おいしくないか」、それだけのことなのですから。

と素敵な締めくくりを迎えることができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月07日

20年間、追いかけ続けてきたシリーズ。

ショーリも、かれんも、大好きだった。
愛おしくて、切なくて…
毎年夏になると、ナツイチのラインナップにこのシリーズがあるかな?と探したものだ。

それがついに最終巻。
一つの時代が終わるっていうくらいのインパクトがあって、読み終えたら涙がとまらず。

またい...続きを読むつかショーリに会いたい。
心からそう願いつつ、最高のシリーズに出会えた奇跡に感謝。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月28日

読んだ!読みきりました!
待ってました!の続編であり完結編。
正直、もう出ないのかも、と思っていたので出版されて、きちんと完結してくれてよかったです。
あとがきを読んで、私はこういう終わり方でよかったと思います。どういう形であっても私はよかったと思っていたと思いますが(笑)
完結してよかったと思う気...続きを読む持ちと、終わってしまった寂しさがない交ぜになっています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月26日

2020.06.20

終わった…終わってしまったな…おいコーが結末を迎えました。7年前の続き、ようやくって感じです。かれんと再会してようやく涙を流せた。一次帰国でマスターや両親にも会い
禊をした
許されるわけではないけど、生きていかないといけない…
オーストラリアに戻り、凶弾に倒れたショーリ
(ネ...続きを読むット掲載はここまでだった)そこからソワソワしながら待ってました
死ななくてよかった。かれんがオーストラリアに来るとは思わなかった。大切な時にそばにいるのはやはり最愛の人なのだなあ

ショーリがちゃんとかれんに「愛してる」と言った。言えたのが良かった。成長ともいえるし宣言ともいえる。
結婚まではいかなかったけど、ちゃんと恋人だと言えた。
今後は日本なのかオーストラリアなのか、どこで生きるか、かれんがそばにいるかはわからないけど…
2人は離れることはきっとないと思う。
幸せは少し遠いかもしれない。けどいつかきっと幸せになれる
良い結末でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年06月12日

終盤でこの展開はないだろう、どんなバッドエンドだよ!!と怒りが沸きかけたものの、まぁ、良かった…。
四半世紀かぁ。長かった。ずっと追い続けてきたストーリー。無事に終わって何より。
2021.06.11

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月25日

ついに終わった…
高校卒業間近から読みはじめて15年でようやく。
大学受験が終わった帰りに一巻を買って開放感に浸りながら電車で読んだのが懐かしい。あの頃から環境も心境も随分と変わってしまった。
本当に焦ったい恋物語だった笑
これだけ引っ張ったんだからバッドエンドはないだろうと思っていたけど、無事幸せ...続きを読むな感じで終わってよかった。正直内容以上に終わったことに感動した。
いつかまた最初から読み直したい。
お疲れ様でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月11日

背負いきれない罪の意識に、勝利がオーストラリアへ逃げだして1年。ある出来事から急遽帰国した彼は、ついにかれんと再会する。互いを想い合いながらもすれ違う会話。やがて彼女の口から最も恐れていた言葉が飛び出して…。どうすれば乗り越えられる?皆が幸せになれる?そして二人が最後に選ぶ道とは。永らくお待たせしま...続きを読むした。連載開始から25年超えの大人気シリーズ、堂々の完結

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月16日

待ちに待ったやつ!
ようやく新刊出たー!!
途中どん底に落ちてハラハラしたけど、
最後の最後は希望の光が見えてよかった。
ショーリ!!かれんちゃん!!
幸せになってねー♡

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月03日

恋愛と人生・・・大切な人たちと関係について考えさせられます。繊細なストーリーをじっくり味わいたい方にオススメです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月06日

シリーズ完結と聞いて読んでみた。
確か学生時代に最初の1,2冊読んだきりだけど、まあ楽しめるだろうと最後だけ参加。
冒頭にあらすじもあったからすんなり入れたし、エンターテインメントとしてのスピード感はあって、ああ村山節だなぁ。
過ぎてしまった日々と、リグレットと罪と。
ん?マイラバ?ふと20世紀を思...続きを読むい出して久しぶりにfacebookなんて開いてしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月28日

ようやく終わった…
読み始めた時は共感、共鳴していた二人の恋も、自分が30代、40代と歳を重ね、ショーリの優柔不断にイラッとしたり、そのうち事件まで起きて、えーこれでダメになったら辛すぎる!!と最終巻を待ち続け、はい、なんと7年も待ち、またまた大事件勃発の果てのようやくようやく素直に、ストレートにで...続きを読むもまぁ始めから分かってた想いがぎゅう〜って溢れてるのに、自分がおばさんになったせいかとにかく感動よりも安堵。もう一度1巻から、、は読まないかな。娘が読んでみたいと言ってるので、一気に読めるのが羨ましいような…
いや、時間かけて読んだからこその、いや、やっぱ長すぎだよね?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月16日

とうとう、とうとう最終巻、なのですね。
随分長きに渡って続いていたような気がしていました26年ですものね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月12日

毎年ナツイチのラインナップを見ては、今年も出ないのか…と待ち続け、待ち続けてようやく読めました。
最初読み始めた頃はまさかこんな展開になるなんて思いもしていませんでしたが、ショーリ、かれん、花村家の人たち、マスター、それぞれの思いを感じることができました。みんながそれでも前を向いてすごそうとしている...続きを読む姿を感じ、見届けられてよかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月28日

とうとう完結。
高校生の時に友達に勧められて読み始めて早16年。
頑固で真面目すぎる勝利にいりいりしながらも、ようやく色々なことに正面から向き合い、未来に向けて歩き出せた最後にホッとしました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年08月20日

ありふれたものこそが尊くて愛おしい。
今の当たり前が毎日続くことは奇跡で、
そんな奇跡に慣れてしまって日常疎かにしてしまう。
ありふれた中にこそ本当に欲しいものがある。
25年前くらいに読見始めたシリーズが完結したこともすごく感慨深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月16日

やっと終わった。。
四半世紀、読み始めたのは20代で当時は面白く読んでたストーリーも、50になって流石にカマトトセリフ、描写は受け付けられなくなった。
前作から7年、毎年はチェックしなかったけど数年に一度、思い出して調べるとまだ出てなくて作者はもう書くの諦めた疑惑を抱き続けてきたけど、たまたま半年ち...続きを読むょっとで気付けたのは奇遇。
本巻も途中、これまだ終わらないんじゃないの?と呆れたけどラスト20ページでいきなり締めに入った。
こんなに引っ張ってきたのに最後は巻き巻きだったな。
四半世紀続いた内容としては、中身なかったな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月02日

若い頃に物語の世界観や恋愛観にどっぷりはまって読んだものの、今結婚して親にもなると自分も随分変わってしまったんだなと感じさせられました。

勝利が前を向いて生きていける様でよかったです。
あとがきの、「誰かのことを自分の不注意や無神経から深く傷つけてしまった経験のある人はあるんじゃないでしょうか」と...続きを読むいう話に心がザワつきました。誰かを傷つけたり傷ついたり、助けたり助けられらたりしながら前を向いて生きていく。当たり前のことですが、忘れてしまわないように。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月15日

 久しぶりにおいコーを手にしました。
 熱心に読んだのは高校生のときで、もう十年以上前のことですが、まだ続いていてようやく完結とは。。私も歳を取りまして見え方も変わってきてしまいました。
 高校生のときは、表紙の素敵なイラストもあって、かれんが相当の美人で、優しいお姉さんに見えていましたが、既にかれ...続きを読むんの年齢も越えてしまった今はちょっと違うかな。世間知らずで稼げる仕事もなくて非力な女性に見えます。
 勝利のいう「愛してるよ、が恥ずかしくなくなる感覚」がわかるようにもなり、私も大人になったことを実感しました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月26日

やっと出た!!おいコーシリーズ完結!!皆幸せに絶対なってほしい。
〈明日は昨日の続きじゃない〉ショーリが苦しんだ答え。だから大切にしたい。だからこそ心の底から祈る。ありふれた祈り…

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング