【感想・ネタバレ】由井正雪 柴錬痛快文庫のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年08月31日

柴錬初期の少年向けの作品であり、表現は易しい内容になっている。幕府を転覆しようとする風雲児を描くものであり、奸計も当然出てくるがかなりおとなしめで物足りなさを感じる。

このレビューは参考になりましたか?