【感想・ネタバレ】呪われ陰陽師 賀茂斎の千年越しの憂鬱のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月25日

「くたばれリア充」の台詞が印象深い。
果たしてヒーローが放っていい台詞なのか。
前世からの呪いのせいでイケメンなのに生まれた時から無条件で女性にキモがられる彼にしてみれば、この台詞には多大なる恨みと説得力がある気はしますが。
そう言えば、イケメンはイケメンのようですが、あくまで呪いの効果が発動しない...続きを読む主人公から見た印象だから、実際にイケメンかは判断に困る気はする。
彼女の場合、やはり前世のせいでフィルターがかかっている可能性が無きにしも非ず。
さて、陰陽師というかまじない師の話。
大抵の陰陽師の話は呪符で何でもこなしてしまうイメージですが、彼の場合はまじない一つ発動させるにも代償が伴うところがチートじゃなくてよかった。
ほんの些細なことでも、必ず代償が必要。
安易に陰陽師の力に頼らないための設定としてはいいなと。
またこの呪いが、陰キャな彼らしいところまって笑えました。
あの結婚詐欺師に対する呪いは(主人公が発案とはいえ)なかなかえぐかったし。
天誅としては申し分なし。
コメディのようで楽しめた話ではありましたが、動く烏の像の秘密、前世からの呪いは結局何も解決しないなど、明らかにされなかったり未解決のままだったりする部分も多々あるので、これは続編ありきの話なのかなと思います。
特に呪いの件は、解呪の兆しすらないまま終わったのがもったいない。
もし一冊で終わってしまうのなら、中途半端感は否めないかなと。
せめて何かしらの救済部分が見えて欲しかった気はします。
そこが本当にもったいなかったです。

このレビューは参考になりましたか?