【感想・ネタバレ】50代からの人生戦略のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

人生の道標

博友 2020年03月02日

キリスト教ではありませんが、共感できる本でした。
50過ぎたおばさんでも、仕事に真面目に取り組み過ぎていた毎日を見つめ直すきっかけを貰えました。
あっとゆう間に読み終えて、読み終わった後元気をもらいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月18日

50代で無理するこたぁない。出世も運なんだから、あとはどう人生に折り合いをつけつつ、楽しく幸せに生きていくかという現実的な戦略。外交官として歩みつつ事件に巻き込まれ、作家として成功した人生への満足と、家族と猫への愛が伝わってくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月17日

50歳となると、流石に今後の身の振り方について無邪気でいられなくなる。
時間の使い方、働き方、職場の人間関係、お金、家族関係、自分磨き、と6つの視点から人生の先輩からのアドバイス的なことが学べる。
介護については、幸い実経験者ではないが、とても参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月11日

先週56歳の誕生日を迎えましたが、今から振り返ってみると50歳になった6年程まえから私を取り巻く環境が少しずつ変わってきたことを感じます。末娘はまだ大学生ですが、長女は昨年就職し妻も私もやりたいことを見つけたように思います。共通の趣味を見つけられたのも収穫だと思っています。

そんな私にとって、この...続きを読む本のタイトル「50代からの人生戦略」及び本の帯に書いてあった「これからの生き方は残り時間から考える」は、大いに私の興味を惹いてくれました。この年でさえ体の衰えを感じますので、この先10年、20年後にどうなっているかは私の両親を見ているとだいたい想像できます。

確かに生活していくための「お金」は大事だし、そのためには働くことも必要だと思いますが、子育てを終えた後に、自分が何をしたいのかは人それぞれが考える戦略だと思います。それを考える上で、大きな挫折を受けながらも、本を出して自分の考えを世に出せる佐藤氏は尊敬するところがあります。私も60歳以降の人生戦略をこの数年でしっかりと建てておきたいと思いました。

以下は気になったポイントです。

・50代から学ぶといいのは自分の地元の歴史や文化、地元愛や郷土愛や歳をとるごとに強くなる。50歳を過ぎて仕事にも余裕が出てきたあたりで始めるのが良い(p20)

・自分の「したいこと」と「やるべきこと」をそれぞれ5つずつリストアップしてみる、重なっているものが優先順位が高い項目(p23)

・時間術のコツとして、スケジュール表にかなり前もってプライベートな予定を書き込んでおいて、そのうえで仕事のスケジュールを組む(p26)

・時間は主観で長さが変わる、10歳の子供にとって1年は10分の1だが、50歳のヒトにとっては50分の1、10歳のころの5倍のスピードで時間が過ぎる。体感する時間は変わる(p35)

・転職,起業で成功できる50代はごく一部、55歳ならあと5年、ここを辞めずに我慢するメリットはとても大きい(p40)

・50代は殆どの人が「報われない自分」を意識させられる年代、そのとき考え方を上手にシフトできるかどうか、見方を少し変えて自分のペースで仕事ができると考えてみる(p46)

・キリスト教でいう「愛」には、男女の恋愛(エロース)、神の絶対的な愛(アガペー)、友人同士のお互いを尊重する友愛(フィリア)に分けられる、50歳を過ぎて異性との関係を築くなら、エロースではなく、友愛(フィリア)を追求すべき(p142)

・エンドには「終わり」という意味の他に、「完成」という意味もある。50代は自分の人生を完成させるためにゴールを意識する年代といえる(p205)

2020年4月11日作成

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月28日

■とにかく大量に本を書く著者が何を考えて生きているのか知りたくて手に取った。
■最後の「50代からの自分磨き」の部分はキリスト教の教えが沢山掲載されている。宗教アレルギーがある人には向かないかもしれない。自分は仏教との違いなど勉強になった。
■著者の周りに沢山のサラリーマンがいるのだろう。サラリーマ...続きを読むン向けのコメントあり。

このレビューは参考になりましたか?