【感想・ネタバレ】殺し屋、やってます。のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月18日

正直、期待していたよりも物凄く好みで面白かった。言うなれば、草食系の殺し屋というところだろうか。世間に馴染みすぎて、殺し屋が不通の職業に思えてくる。のに、ちょいちょいカッコ良さげな行動を出してくるところがニクい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月30日

期待してなかったのだけど、面白かった。
色んなバージョンがあって、飽きさせない。
淡々としていて、今時の若者っぽい人が殺し屋という設定なせいか、やってる事は殺人なのに暗くないというか明るいというかなんというか、とにかく読みやすい。
日常生活の中の殺し屋なので、ヤクザとか犯罪者とかそーゆー分かりやすい...続きを読む物騒さはない。
読み手が殺される側の普通の人々に感情移入して、悲しくなってりするのかと思ったけど、ちゃんとオチもあり良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月12日

コンサルティング会社を営む男、富澤允。彼には、650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し屋」という裏の顔があった。ビジネスライクに「殺し」を請け負い、危なげなく仕事をこなす富澤だが、標的の奇妙な行動がなぜか気になり、仕事の度にその謎を推理してしまう―。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月09日

こういうのをエンターテイメントと言うのだな。読むことが楽しい。新しい知識を得られる訳じゃないけど。続編も是非読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月16日


一番怖いのは主人公だよ。人間味ないし、プロだからとはいえ淡々としてる。ほんとに一般家庭でこんな人育つの?逆に怖いよ。
東証1部上場の企業に勤めている年収650万をベースに、殺しを承る殺し屋の話。
お金さえあれば人も殺せるんだなぁ。
飽きることなく、いろんなパターンの話が出てくるので面白かった。いい...続きを読むシステムだと感心した。

2020.03.16

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月18日

殺し屋を職業として営む?(職業軍人とか傭兵とかみたいに?)頭では 有 でも、気持ちでは 無 だなぁ。
殺しを依頼した側の理由を推理する場面は面白いけれど、その理由によって引き受ける訳ではないようだし。一旦引き受けたら自分の理由では中止しないみたいだし。こんな依頼を引き受けるんじゃ無かったと思うことは...続きを読むないのかしらん?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月11日

経営コンサルタントをやりながら殺し屋稼業を務める主人公。連絡役の友人と殺し屋稼業のことをしってる恋人とのやりとりで描かれるミステリー。
本作の面白いところは、「謎」が殺しに関わることではないものがあること。殺しは殺しで行われて、謎は生活ミステリー的な扱いで話が展開する。石持ミステリーっぽい!
石持浅...続きを読む海の面白いところはトリックや状況設定に趣向をこらすところ。逆に動機が弱いなと感じるところが多かった。ところが本作では動機なんて関係ない、殺し屋には依頼が全うならそれでいいと振り切った感じがある。その冷徹にも思えるキャラが活きるのは殺し屋ということか。
道徳的にとか考えずにどんどん本シリーズを増やしてほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月17日

殺し屋稼業を副業として営む経営コンサルの男と依頼人との仲介役の短編集。
元請け?の歯科医に依頼された殺しが一件解決してないのが気になる。

殺しのターゲットとなった人について、詮索しないといいつつ独自の推理を披露する殺し屋が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

石持さんらしくて好きな1冊だった〜。
キャッチコピー風にすると「俺が殺したあの人は、なんであんなことしてたんだろう?」って感じかな。兼業殺し屋による、殺しとは直接関係がない日常の謎(?)を解くミステリ。
個人的に石持さんの作品は「読むと正義と悪が揺らぐところ」がすごく好きなんだけど、今作もそんな感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月22日

この作者の本を読むのはホント久し振り。

経営コンサルティング会社を営む傍ら、一人につき650万円で殺しを請け負う「殺し屋」を副業とする男の話。
よく練れた話だし、相変わらず話の運びも巧み。
最初の2つの話で基本のパターンを示した後は、仲介役が主役になったり、依頼が何度も出し入れされたり、殺し方に注...続きを読む文が入ったり、ターゲットが2人いたり、挙句は自分を狙う羽目になったり、変化球で楽します。
サクサク読めて飽きはしなかったのだが、一方で意外性とかしてやられた感は薄かった。
人畜無害そうな風貌で「僕」と自称する主人公と同様、ちょっと理詰めすぎて面白みに欠けるという印象。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月24日

淡々と進むミステリーが斬新。登場人物が最小限で一方の視点からのストーリーの謎解き。短編もちょうどいいし、軽く読みたいときに最適なミステリー。でも薄っぺらくなくちゃんとおもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月18日

職業・殺し屋が探偵役の連作ミステリー短編集。第一話、二話は展開がワンパターンで、少々不安になったが、三話以降は展開のバリエーションも増え、俄然面白くなる。ブラックな要素を含む、淡々とした良い意味で【軽い】作風が程良い。気軽に読める短編作品はこれ位の容量が丁度良い気がする。作中の定番アイテムを模した装...続きを読む丁も好み。語り手が入れ替わる「同伴者」が一番楽しめた。しかし、所謂【安楽椅子探偵】ものにカテゴライズされるミステリー作品は、実証の過程がないので何とも言えぬモヤモヤ感が残る。こればかりは単純に好みの問題ですが。

このレビューは参考になりましたか?