【感想・ネタバレ】東海道をゆく 十時半睡事件帖のレビュー

値引き価格 500円 (税込) 5月28日まで
通常価格 715円 (税込)
3.8
4件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年04月09日

紀行文のようなタイトルですが、十時半睡ものの最終巻というか絶筆なのかな?このシリーズは鬼平と並ぶ歴史モノの佳作。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月12日

江戸で江戸総目付けの仕事をしていた半睡だが、福岡で息子が病に倒れ、なかなか起き上がれないほどだと連絡が来た。江戸家老は半睡に一度帰郷をしては?と持ちかける。

供の者を連れて東海道を徒歩で行くことに。

様々な、事件、景勝地、などを経て、半睡の仕事を離れた人となりが見えてくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月09日

読み返してみて、作者の体調不良が本に現れている。主人公の十時半睡の突然の眩暈もそうだろうし、子息の病気もそうだろう。
シリーズが作者の死亡で途中のまま終わってしまって、本当に残念。
池波正太郎の「剣客商売」も、主人公が突然の眩暈そして作者の死亡で終了・・・あの作家も大丈夫だろうか?

このレビューは参考になりましたか?