【感想・ネタバレ】はじめての三国志 ──時代の変革者・曹操から読みとくのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月24日

曹操は、『三国志』に登場する中で最も興味深い人物である。日本では諸葛亮が好まれるようであるが、実に先見性を持って時代を動かしたのは曹操なのである。その人物に特化してその事績を追ったのが本書である、と思って手に取って読み進めた。途中で、ふと題名を見ると、「はじめての三国志」となっているではないか。えー...続きを読む!初級者用の本?と驚き、あとがきを見ると「本書は、「三国志」に興味を持った中学生・高校生のために書きました」と書かれているではないか。さらに本書を読み進めたが、どうして、どうして、この本の内容は、初心者向けでも、中高生向けでも無く、かなり高度なものを含んでいる。評者は著者の講義を何度か聴いているが、それでようやく理解できる程度と言える。一般の人達の読書に十分耐えるものであろう。この本により、中高生が興味を持って、更に三国志にハマってくれれば、なおのこと悦ばしいことだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月04日

曹操の視点で三国志とその周辺を見ていく内容。
三国志の内容を隅々は覚えていないので、
また、中国の人の名前が覚えられないのとで
ちょっと入ってこないところがありました。
でも三国志の内容で朧気ながら知っていることについて
曹操からの視点での解説は新鮮な部分もありました。

このレビューは参考になりましたか?