【感想・ネタバレ】暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出―(新潮文庫)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月11日

彩瀬まるさんのご本を読むのは初めて。
3.11が近づいて来たので、ずっと気になってたこちらを読んでみた。

三章からなる構成。
福島の一人旅中に常磐線であの地震に遭遇。
たまたま隣に座っていた女性と津波が迫る中逃げるところから始まる。

一章では、あの震災に遭いながらも励まし合い助け合う人々に救われ...続きを読むる様子が描かれていて、自然と涙が出て来てしまった。

みんな優しい。
本当に優しい。

自然災害と今の世界を揺るがす疫病とは話が違うかもだけど、今買い占めとか転売とかで揉めてるのが本当に馬鹿らしくなってしまう。

でも、二章からはやっぱり人間のどうしようもない面も描かれていて…。
愚かだし、悲しいなぁと思った。

そして、ボランティアなどで福島に再来した様子が描かれている。
そこで見聞きした情報や彩瀬さんが思ったことが書かれていて、私もあの当時本当に地震も放射能も恐いと思った事などが思い出された。


…最後に、私は極限状態でも他人に優しくできるかな?
優しくありたいな…と心の底から思った。

この本を読んだ方が、同じようにそういう気持ちになってくれれば良いな…。

そして、ここで書かれている福島県のお祭りに行ってみたいなぁと思った。
東北の他の地域もほぼ行ったことないので、私もいつか旅してみたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月08日

東日本大震災の時にたまたまその場で居合わせ、放射能の恐怖や周りの方々の親切に触れた著者だから書けた本。被災地の外に戻ったり、どうしても被災地の野菜が食べれない著者の告白など。忘れてはいけないことを記してある本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月30日

東日本大震災を経験した著者のルポルタージュ。どれも著者にしか記さない記憶と体験の数々であり、わたしのような外の人間にとても突き刺さる内容でした。自分の当時、そして今日に至るまでの行動と認識をいまさら振り返りました。胸が苦しくて悲しくて切なくてずっと眉間にしわを寄せていました。でも読んでよかったです。...続きを読む言葉が鋭くて、やさしくて、あたたかくて、冷たくて、彩瀬さんらしかったです。解説にあったように、さらにその先を読んでみたいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月24日

綾瀬まるさんデビュー前初めての作品がルポルタージュとは驚きました。
たまたま震災にあって書く決心がついたなぁと思いました。
実際にあった時の真に迫る迫力ある文章はすごかったです。
後日、助けていただいた方々の訪問ルポもあり、作家さんが書いた震災関連の本としてぜひとも読んでいただきたい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月02日


数行読むごとに胸が締め付けられる。
目頭が熱くなる。
鼻の奥がツンとする。

.
私はこの時、地震にさえ気づかずに、電気屋でのアルバイト。
ちょうどテレビ売り場のテレビが十数台立ち並ぶ裏側で1人梱包作業をしていて、いつもはいろんなチャンネルで混ざり合った騒音がやけにクリアだなぁ〜とか思ってた。
...続きを読むり場に出ると、テレビは一斉に臨時速報を流していて、すべてのテレビが同じ画面で、いつもは色とりどりなのに全画面が濁った灰色一色。それから状況はさらに悪化していっても画面はずっと灰色だったな。
.
被災もしていない、原爆の恐怖も感じなかったけど、あの日の事は忘れられないし、大きな地震が来そうな土地に住んでいるから他人事とは思いたくない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月14日

目に見えない恐怖と戦っている今、改めて同様に目に見えない恐怖と戦う3・11のお話を読ませていただきました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月11日

彩瀬まるさんが東日本大震災で実際に被災した経験のルポを集めた一冊。表紙のひしゃげた電車が怖い。
私は被災者ではないけれど、当日震度5強の地元で、乗っていた電車が脱線しました。
そのときの恐怖、その後の放射能の不安や買い占めする人々の狂気、続く余震、深夜も鳴りやまない地震アラームと繰り返すACのCM。...続きを読む全てがトラウマになっているらしく、読んでいて涙が出ました。
でもその後の被災者たちの暮らしの厳しさを知ると、そんなもん本当に些細なことで、情けないくらいに弱い自分が残念になります。
被災地を忘れずにいよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月25日

彩瀬さんが、ちょうど東北に旅行していたその日に東日本大震災に遭遇し被災する。避難所へ行き、地元の方々に助けられ、何日か後に何とか帰ることができる。その後に、ボランティアへ向かったり、世話になった方に対面したり。 放射能の事や現実の厳しさ、偏見、悲しみ、言い知れぬ葛藤が綴られている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月14日

いまなら読めるかな……と文庫化を機に手に取る。ルポというものについて明るくないわたしだが、小説を読んでいるかのように読み進めることができた。著者の彩瀬さんが小説家であることが、やさしく機能してくれたのだとおもう。胸を詰まらせながら、ときには正体の分からない涙を流しながらの読書ではあったが。「被災地」...続きを読むとことばにするたびに覚える罪悪感を乗り越える方法、そのひとつに本書を挙げることができるだろう。小さくて儚い人間がそれでも極限で他者に優しく在れること、信仰のような気持ちで手を合わせたい。もう8年が経ったなんて。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月10日

「やがて海へと届く」を読んだとき,作者の後ろめたさみたいなものを感じて,それは生き残ってしまったことに対してなのかなと思っていたのですが,大きな勘違いでした.

あの後ろめたさみたいな感じは,だんだんと気持ちが部外者になってく自分や,旅行者にすぎず結局は部外者にしかなれない自分に対する作者自身の憤り...続きを読むの表れのように感じます.

この作品を読んで,今までいかにあの震災を「人ごと」としてとらえていたのかを思い知らされた気がします.

このレビューは参考になりましたか?