【感想・ネタバレ】ヴァンパイア探偵 --禁断の運命の血--のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月07日

ファンタジー要素もありますが、テンポが良く読みやすかったです。血液分析のくだりも、あまり専門用語が多くなくてよかったです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月24日

血液分析の仕事をしたことがあったので、懐かしいなと思いながらの読書。
なかなかマニアックな分析内容も登場しつつ、犯人を追い詰めていく展開は面白かったです。
大抵犯人は想定通りの人物なので、最後の話以外は犯人捜しをする楽しみはあまりないのですが(最後の話だけ「え、お前かよ!」という唐突な暴露があったの...続きを読むで、あれには驚きましたが)トリックをどう暴くのか、動機をどう解明するか、その辺りにスポットが当たっている気がしました。
血液鑑定の博士と幼馴染みの刑事のコンビの友情もいい。
その友情が実は非常に危ういところにあったというのがクライマックスで暴かれますが……
博士が抱えていたもの。
このことは結構見過ごしてしまうところに伏線が張られていたので、その細やかさに最後になって気付いて鳥肌が立ちました。
いやもう本当に日常の些細な場面に隠されていた感じ。
事件の件もそうでしたけど、とにかくちょっとした伏線も見逃せない、読んでいて楽しい作品でした。
幼馴染みの彼のお蔭で、博士の彼はまた違う道を選ぶことができたようだし、また二人の活躍を楽しめたらなと期待しております。
そういえば、なかなかユニークなアレルギーもちの女刑事さん、彼女のアグレッシブさとひ弱さのギャップにも笑えましたが、彼女の体質が治る日は来るのだろうか。
その辺りも少し気になったり(最後にその気配があったので)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月05日

BLと思って読めばそう言う感じ、バディものの宿命?
二人の関係が、悩んでた割にあっさり解決した感が否めない。そういうところが持ち味ではあるんだけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月13日

血液分析で警察に協力する主人公。特殊体質に対して最後があっけなさすぎ。べつにこの設定なくてもよさそう。

このレビューは参考になりましたか?