【感想・ネタバレ】狼は眠らない (2)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
購入済み

硬派なファンタジー

漫画読太郎 2020年10月15日

最近では珍しい硬派なファンタジー漫画です。ヒロインという程のヒロインは出ず、ストイックに強さを求める主人公の姿は今どき珍しくとてもかっこよく見えます。こういう作品を読みたかったので楽しく読めています。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

素晴らしいコミカライズ

KTFM 2020年02月22日

丁寧に丁寧に物語が進んでいくのが読んでいて何とも心地いいです

表紙の女の子に今後見せ場は来るのか、別れたルビー姫は今後登場するのか
主人公がとてもクールなので続きが気になります

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月14日

 冒険者レカンの異世界→異世界型転移物語の二巻は、近隣の大きな街ヴォーカを目指して護衛依頼を受ける前半と、レカンですら怯むほどの魔力を持った魔女シーラに(薬師として)弟子入りを目指す後半が収録されている。
 元の小説にある内容を巧みに省略し、一部コミカライズ用に話をアレンジしながらテンポよく描かれて...続きを読むいる印象の二巻だった。

 各々の内容を見ると味わい深いストーリーなのだが、テンポよく進んだことでサクサク進み過ぎている印象も少しあった二巻だった。
 前半の護衛依頼でアクセントになる女冒険者エダの存在は、露出の多さと比べて流れ過ぎてしまった感はあったし、後半の奉仕依頼もまたややイージーに進んだ印象もある。
 よくぞこれだけまとめたなと、原作を知っている分には感心させられる構成の巧みさなのだが、逆にまとまり過ぎた感触も否めなかった。

 そうした印象と、加えて物語的に大きな展開が欠けていた(派手な戦闘が少なかった)部分も含めて星四つ半相当と評価している。
 面白い仕上がりであり、前巻に引き続き緻密な描写の物語だが、それを踏まえた上での星評価である。

 なお、後追いで読んで思ったが、原作のストーリー上仕方ないにせよ、魅力的な姫君と別れてあまり魅力的に(この時点では)見えない少女が同行者となる展開は、結構痛かったかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?