「かかし朝浩」おすすめ作品一覧

「かかし朝浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 蜘蛛ですが、なにか?(5)
    ボスラッシュを越えて=食物連鎖からの脱出。

    主人公もある程度強くなったからこそ、却って一撃死が目に見え緊迫感を煽った中層での戦いも、ここ五巻でいよいよ終わりを迎えます。
    ここまででオトシゴ→ナマズ→ウナギ→火竜と中層で相手する敵も徐々に強くなっていきましたが、その頂点に立つ火龍の一体、レンドとの戦...続きを読む
  • 蜘蛛ですが、なにか?(4)
    真実があるとして、この深く熱い海の奥底でないことだけは、確かだ。

    三巻に引き続き、マグマの大海に挑む四巻です。足を踏み外したら即死という緊迫感は相変わらず。
    かといって常に張りつめているというわけではありませんよ。

    主人公も新要素としてスキル「並列意思」を取得。相変わらずぼっち生存競争をしつつ、...続きを読む
  • 蜘蛛ですが、なにか?(1)
    ちょっぴりキュートで毒(ナマモノ)に満ちた謎の漫画

    表紙を見ると顔が隠れた美少女とデフォルメ化された蜘蛛の画が。
    そして、こっちを突き放すように『蜘蛛ですが、なにか?』のタイトルが置かれています。

    謎です。

    店頭に置かれた際取ってみたくなる求心力は高いと思います。私も実際買って読んでみて、ハマ...続きを読む
  • 蜘蛛ですが、なにか?(2)
    お釈迦様なんていないから、蜘蛛は一匹上を目指す。

    クリフハンガーな一巻のオチ(※結局落下しました)からスタートな二巻です。
    まず襲い来る敵は蜘蛛の天敵ともいえる蜂の大群、と思いきや今までの敵が霞んで当然の大敵「地龍アラバ」と二度に渡る邂逅を果たすことになります。

    相対値でも絶対値でも、主人公が最...続きを読む
  • 蜘蛛ですが、なにか?(3)
    海(≒マグマ)産物は美味しい。

    序盤最大の山場と名高い「地上100メートルの防衛戦」決着、そして次なるは三六〇度見渡す限りマグマの海な「中層」へ侵入、突破を目指すことになる新展開な三巻です。

    ここまでで原作小説一巻までの内容を消化。
    実は、原作では色々な視点から世界の謎を追っていく構造になってい...続きを読む

特集