【感想・ネタバレ】気象予報と防災―予報官の道のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月18日

的中して当たり前の天気予報。予報官は何を考え予報を出しているか。気象予報の世界をわかり易く解説する。

「予報官の道」という副題から自伝的な内容かと思ったが本書は全篇気象の入門書。

「ときどき」や「のち」など言葉の定義、観測機器の自動化に伴う予報システムたアルゴリズムの導入。どうしても人の経験則が...続きを読む求められる予報の世界。

筆者は気象庁を定年退職。退官後すぐに執筆を始めるも妥協を許さぬ性格から6年かかる。その前の執筆依頼を含め都合13年、編集者の長い視点からの企画が素晴らしい作品生んだ。

現役の最晩年。四国の希少台長に就任した筆者は前例にない管轄の首長への訪問を行う。携帯電話番号の交換によるホットライン。市町村長による避難等の命令発令の際の助言などに役に立つ。こういった顔と顔のアナログな関係が有事に活きることは興味深い。

防災に関する提言にも有意義なものが多い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月11日

予報文を絞り出す気象屋の仕事は、予報文だけ読めば何気ないものと映るが、その裏には、経験と研鑽と脳漿を絞る努力と、予報官なりの不確実性についての感性がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月09日

気象庁の予報官や気象台長を務め上げた著者が、天気予報の実際から、予報官の実像、防災活動との関連を紹介。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月03日

気象予報と防災。

近年身近になった異常気象と、それにもたらされる災害に対する防災の知恵…

というよりは、予報官の立場から、そういった異常気象を紐解き、予報官の仕事や天気予報に出てくる用語についても言及される。どちらかといえば、サブタイトル予報官への道、がメーンタイトルという印象。

この本を通じ...続きを読むて思ったのは、異常気象なり警戒が必要な災害を、情報の受け手が危機感を感じてもらえるように、伝えられるかということを苦心してきたのだということである。我々においても、身を守るため、彼らが発する情報が何を意味するのか、今その情報を受けてどうすべきなのかを考える上で、気象予報に関する教養というものは一定程度必要なのかなと思った。
たとえば、私においては特別警報というものを誤解していた(上位の警報ではない)のだが、この本で一つ勉強になったところである。
全体的に小難しく、頭には入って来にくい。

このレビューは参考になりましたか?