気象予報と防災―予報官の道

気象予報と防災―予報官の道

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「数十年に一度」と言われる気象災害が日本のあちこちで起こっている。豪雨や大雪を観測・分析し、的確に警報を出すことで、被害を最小限に止める――気象庁予報官には、天気予報だけでなく、そうした使命も与えられている。「夜明け前が一番忙しい」「梅雨明け宣言をいつ出すのか」など日々の仕事から、「上空の寒気」「冬型の気圧配置」などの注意を要する用語の解説、さらに警報の運用まで、気象予報と予報官のすべてを紹介。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年07月12日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
28MB

気象予報と防災―予報官の道 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    的中して当たり前の天気予報。予報官は何を考え予報を出しているか。気象予報の世界をわかり易く解説する。

    「予報官の道」という副題から自伝的な内容かと思ったが本書は全篇気象の入門書。

    「ときどき」や「のち」など言葉の定義、観測機器の自動化に伴う予報システムたアルゴリズムの導入。どうしても人の経験則が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月11日

    予報文を絞り出す気象屋の仕事は、予報文だけ読めば何気ないものと映るが、その裏には、経験と研鑽と脳漿を絞る努力と、予報官なりの不確実性についての感性がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月09日

    気象庁の予報官や気象台長を務め上げた著者が、天気予報の実際から、予報官の実像、防災活動との関連を紹介。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    気象予報と防災。

    近年身近になった異常気象と、それにもたらされる災害に対する防災の知恵…

    というよりは、予報官の立場から、そういった異常気象を紐解き、予報官の仕事や天気予報に出てくる用語についても言及される。どちらかといえば、サブタイトル予報官への道、がメーンタイトルという印象。

    この本を通じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています