【感想・ネタバレ】仕事ごっこ ~その“あたりまえ”、いまどき必要ですか?のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年09月26日

あるある!今すぐ止めたい、そんな風習が盛り沢山。働く全ての人に読んでこの世からこんな風習を消してほしい。手書き、FAX、電話、押印、圧縮してパスワードは別送。意味のない事はもうやめよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月13日

表紙、本文中内のイラストどこかで見たことあるテイストだなと思ったら、「問題地図」シリーズで目にしていた白井匠さんでした。本書の内容は「はじめに」に尽きる。問題点、どうやって解決すればよいかが数ページの童話風物語で書かれているので分かりやすい。あまり本を読まない、あるいは、この手の本をあまり読まない「...続きを読む偉い人たち」に読んでもらいたい。そして「そうは言ってもうちでは……」なんて言ってないで、どんどん認識をアップデートいってほしい。またアップデートする人が増えていってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月24日

いま、いろんな仕事の現場で起きてる問題をわかりやすく、また読みやすい量でまとめられた本である。
若手からベテランと全ての世代や、とくに管理部門の人に是非読んでもらいたい一冊だと思う。
ただし、これは長く経営者をやってる方が理解しないと、現場はかわっていかないかなぁ、、とも思った。
この本で書かれてる...続きを読む話が、そのうち昔話として語られる時代が来て欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月14日

残念ながら、旧来の「カイシャ」においては程度の差はあったとしても、ほぼすべてのケースが今でも該当するだろう。
私が、特に共感するのはメール添付ファイルをZipに強制的にしてしまうセキュリティーシステムの導入のアホらしさだ。PCB特措法とか個人情報の法律というのは、「あるべき姿」を盾にして特定の業界を...続きを読む潤わせるための悪法だとつくづく思う。そしてまたビニール・プラの追放令が、善良な人々を騙して社会の生産性を押し下げて不幸な人々を量産するのだろう。
以上は本書の本筋ではないものの、「正しさの空気感」に徒に従順であるべきという規範の存在が、「仕事ごっこ」を再生産し続けているという意味では、同じ議論である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月24日

この本を読んで、「うちの会社は大丈夫」と思えるケースは、本当に大丈夫な場合と、大丈夫じゃないけど気付いていない場合な気がします。
しかも、前者はまれなケースだと思います。
うちの会社も、「ごっこ」なところ、残念ながらいっぱいあります。

歴史がある分、やむを得ないところもあるので、1つずつ変え...続きを読むていくしかないかと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月29日

当たり前にしている仕事(作業)は、本当に必要か? 寓話に例えて、その不要さを示してくれる
自分(自社)は、ここまで酷くないと思いがちだが、別のところで同じことをやっている可能性大
気づかない・見えない=習慣化、隠れている=日常、気づくきっかけになるか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月29日

いつも漠然と感じている不条理を、思わずこれよ!そんなのよ!と文書化してくれる一冊
非合理的で形骸化した仕事を、こうしたらいかがですか?と何度提案してきたことか… その度に何だかんだと理由を付けて今まで通りのいかに多かったことか…
これは平易な言葉と昔話になぞらえて読みやすく書いてありますが奥が深い本...続きを読むです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月01日

仕事ごっこ~そのあたりまえ、いまどき必要ですか?
内容はありきたりで実例があまりに極端すぎると感じている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月24日

課内でまわし読みされた本。
とても面白くて全く笑えない。

働き方改革を推進する際、つい社内の制度にばかり目が行きがちだけど、協働する相手の時間・機会を奪っていないかっていう視点も重要だと気付かされた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月18日

以前から続いている慣習や見直しを行わない、それすなわち思考停止である。

生産性を上げるには?の解につながる良書。比較的薄いのですぐに読め、かつ実践的な内容である。

とはいえ、決定権がある人にこの本を読んでもらわないといけないし、そういう人は大体思考停止をしているという大きな矛盾も改めて感じている...続きを読む

まずは自分の影響力の範囲で、できることから始めていくのがよさそうである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月17日

いわゆる「ジャパニーズ・トラディショナル・カンパニー」にはびこる無駄な習慣や非効率な業務をいちど見直してみましょう、という主旨の本です。
外部の人間が第三者の目で見てみると明らかにおかしいと感じたことも、組織の中に入り込んでしまうといつの間にかそれが「当たり前」になってしまうんですよね・・・
組織に...続きを読む所属していながらも、組織の常識に囚われないゼロベースの考え方や、客観的な視点を失わずにいたいものです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月11日

バブル後に生まれた身であり、運よく勤務先がごっこ遊びをあまりしないため、どこか異世界のように思えるお話がたくさん出てくる。
その意味ではまさに寓話であり、本書の構成は的を射ているのではないかと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月04日

それ,今いる作業なの?!を感じさせる本.
弊社,古い会社だけど,パスワード別で送るメールくらいしか確実に該当するものはないと思う.PPAPって言うんですね,おもしろい.

出されたお茶を飲むのは失礼,という文化があることを知りませんでした…….
判子はなぜか,担当者が一番左から押していく文化の弊社.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月27日

タイトルが全てを表している。
日常の業務で思考停止せずに見直しをかけていこうという主張はもっともで納得できるし、自分が何ができるかを考えるきっかけによかったと思う。
内容はあらすじまでで全て言い切っていて、お伽話も後半になる程キレがなくだれてきたかなという印象。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月06日

シンプルで読み易く分かりやすい。うんうん、あるある。
多様と言うなら古い考え方と新しい考えのコラボレーションが必要。お互いに全面的に否定しないで、いい所を融合し合えば良いんだけど。これが難しい〜。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月05日

コラボレーションを邪魔するものを「仕事ごっこ」と名付け、桃太郎などの童話と解説でおもしろくいやみっぽく紹介している。手書き、資料作成、会議、履歴書や申請書、ビジネスマナー、テレアポ、コンペや見積もり、年末年始挨拶、表敬訪問などの無駄を指摘している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月01日

セキュリティのチェックについては、本当に無駄なことが多いと思う。生産性が全てではないと思うが、目的にあっているかを振り返ることは必要。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月21日

自分の職場が慢性的にやっていることが仕事ごっこだったのかと確認ができる。
ただ、改善策はありきたりなことしか書いていない。
あくまで仕事の方法を改善する為の気づきにしかならない気がする。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月14日

章ごとにある失敗物語は、あまりうまい例えになっていない不要。
確かに旧態依然とした悪しき習慣はたくさんあるけれど(うちの職場なんてホントに多い)、基本的にはケースバイケースで取捨選択すべきだと思う。
この本のよくないところは、デメリットのみを強調してただただ悪いことと断じているところ。
この本を読ん...続きを読むだ真面目な人が、ハウツー本か何かと勘違いしてすべて実践して失敗してしまうことを心配してしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月20日

 絵本のような装丁です。

 でも、書いてあることは、日本のサラリーマンとして働いてきたひとたちにすごく根源的な変革要求です。

 今まで仕事として教えてもらったこと、教えてきたことの大半は「仕事ごっこ」だと気づきます。

 「これがノウハウである」、と胸を張っていたことが、「仕事ごっこ」に変わって...続きを読むいます。

それなのに、ちょっと気を抜くと、イマドキの若者は~できない、と責任転嫁したり、「もっと提案してこい」と叱咤したり、意識統一をはかったり、、、してしまいがちです。

 恐ろしいです。みんな意味がないどころか、無駄です。

合理的に物事を進めるために、何がいらないことなのかを考えるようになります。すると、そもそも自分たちが働き始めたころに「?」と思ったことがそのままおかしかったことに気づかされます。

今までそういう働き方をしてしまった自分、を変えられるのか。
今から先も価値ある人間として生きていけるのか。

自分の存在価値を何に置くかによって、答えは違ってくるはずです。

探さなければ、と感じます。
自分の価値を。

このレビューは参考になりましたか?