【感想・ネタバレ】絶筆(新潮文庫)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月18日

野坂昭如氏が2015年末に亡くなっていた事を知った。彼の作品との出会いは、有名な火垂るの墓よりも先に「エロ事師たち」であった事は、今となっては私の黒歴史。耳や鼻やに男性器を挿入などの文章に大人の闇を除き、気持ちが悪くなったものだが、この辺は大人になった今も気持ち悪さは変わらず、自らの正常さに安堵。さ...続きを読むて、その野坂昭如氏の絶筆、日記である。

率直に言うと、何気ない闘病、リハビリの日々が綴られるだけの遺作であり、この方のファンではない限り、つまらないかも知れない。ページ数多く、何を食べたとか、こんなニュースがあったとか、抑揚のないエピソードが2004年から続く。しかし、行間。垣間見える人となり、戦争の記憶。死を前にする人間から、感じ取れる事は多い。

テレビ出演も多かった同士。時の人。型にはめるコンプライアンスなどという言葉も生まれず、生き方の表現も自由な時代だった。一億総画一的経済人化。量産型文化人。
果たして、今の時代で、彼らは生きていけただろうか。

このレビューは参考になりましたか?