【感想・ネタバレ】ルドルフといくねこ くるねこのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年04月01日

ルドルフとイッパイアッテナⅢ。新しい登場人物も出て、ルドルフは青年(?)になり、イッパイアッテナの出番は少なくなった。このシリーズと「ピアニャン」が東京への憧れのもとだった。新刊が出るらしいので楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月26日

ルドルフとイッパイアッテナのシリーズの3冊目。

すっかり東京の半ノラ生活に馴染んでいるルドルフの元に、江戸川の向うの縄張りを仕切る猫のドラゴン三兄弟が訪れてくる。

川向うの町では犬や猫たちが凶暴な野良犬に襲われる事件が起きていた。
そこでドラゴン三兄弟は、ルドルフとブッチ―がデビルを倒したという...続きを読む噂を聞いて助太刀を頼みに来た。

そういえばそのブッチ―の様子が少しおかしい。ちゃんと餌をもらえる金物屋さんの飼猫なのに「鳩を捕まえて食べたい」と言ってみたり、たわいなこととに苛々したり。

ルドルフの代わりに川向うの町の野犬対決に行くイッパイアッテナ。
ネコ質(人質の猫版)として代わりに残ったドラゴン三兄弟の末弟テリー。

しかし凶暴な野犬は江戸川を越え、ルドルフの前に現れる…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月28日

ミーシャはどうなるの?
イッパイアッテナいつ帰るの?
犬とたたかったの?もしたたかっていたら、どこ行ってたの?
ルドルフといくねこくるねこのつぎを書いてほしいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月13日

ルドルフシリーズ3冊目を黒ねこのルドルフが書き終えました(笑)もう読み書きはすっかり得意になりました。イッパイアッテナには及びませんが~!イッパイアッテナは最近、英語の勉強を始めました。今回はブッチーの登場が多いです。金物屋の飼いねこ、ブッチー!ホームセンターができてブッチーの店は閉店、東京から千葉...続きを読むに引っ越しとなりました。ブッチーは残ることに。飼いねこからノラねこに。恋人(恋猫)のアメリカンショートヘアのミーシャから離れられないのか・・・・、ルドルフなど友達がたくさんいるからなのか・・・!(笑)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月25日

ルドルフキョウイクが教育になった。

ルドルフ 格好いい!

イッパイアッテナは第一巻のルドルフとイッパイアッテナで活躍しました。ブッチーはミーシャと結婚して3匹の子供,ラッキー,チェリー,クッキーを産みました。

ルドルフとブッチーが犬をやっつけたところが,一番わくわくしました。

テリーはルドル...続きを読むフのことをルドブンと呼び,ブッチーのことをブーブンと呼び,イッパイアッテナのことはタイブンと呼びました。ブッチーはブーブンと呼ばれることが,いやみたいです。

ブッチーは練習したのですずめを捕まえる確率が高くなりましたね。ルドルフははとを食べてみましたけれど,おいしくなかったです。

皆さんもぜひこの本を読んでみてください。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月02日

ついにキョウヨウじゃなく教養に!

ルドルフがだんだん大人になってるんだけど、なんか相変わらずかわいい(笑)。
ブッチーとの「おれはねこだ」問答のくだりが好き。

ねこ達が成長したぶん対象年齢はちょっとだけ上がってる感はあるけれど、この長さにこの濃さで、かつ分かりやすいってすごいな。
とにかく安定し...続きを読むた面白さである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月24日

相変わらずいい感じにドラマチックでタメになる。
たくさんのいろんなテーマがてんこ盛り。

なにげに哲学チックな場面もあって、一作目・二作目とは微妙に違う面白さ。
一番は猫の“レゾンデートル”。

「〜おれはねこだ。」

まさかブッチーが言うとは思わなかった(笑)。
キャラ的にはやっぱりイッパイアッテ...続きを読むナかなと。

最後に畳み掛ける伏線(になるのか?バレバレだけど)は気恥ずかしい!
どこぞの三流任侠映画か(笑)!


ちなみに、NHKの『てれび絵本』という番組でやっていたみたいだけど…
一部観たことあった。浅草寺でリエちゃんを…のクダリ。
そんなに前じゃなかった気がする。再放送だったかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月17日

先にこっちを読んでしまった。一作目に比べると、ルドルフに教養が身についていることが分かる。話し方も落ち着いてる。
ルドブン、ブーブン、いちいちにやっとしてしまう表現が好きだー。
のらねこの世界にも、友情があったり駆け引きがあったりする。連なってる猫をみたらにやっとしてしまいそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月17日

やっぱりおもしろいな〜ルドルフシリーズ。まさか猫が「自分は自分なんだ」なんて言うとは・・・。本当に教養のある猫になってしまっているな。三冊で完結かと思っていたが、ひょっとして次もあるのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日



■ずっと二匹の幸せを願ってたから、
んで、この巻でそれが叶ったから、
すごい嬉しかった。


■このシリーズを読み終えてから、
道端で黒猫やらトラ猫に会う度に、

もしやイッパイアッテナじゃなかろーかとか、
まさかルドルフじゃねーの、と思うようになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

途轍もなく(とてつもなく)猫の心は寛大なのですね。猫は、にんげん達の幼さ、拙さ、不器用さを、鼻で笑っているのでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ルドルフとイッパイアッテナの第三巻です。

ルドルフの周りって、とってもすてきな仲間がいますよね。
前作までよりも、その仲間たちに当てられ、書かれていると思います。特にブッチーがとってもカッコいいです。
個人的には、デビルが大好きです(笑)犬と仲のいいネコって、あんまりいませんよ!

イッパイアッテ...続きを読むナが活躍するシーンはあんまりないけど、でもやっぱり頼りになるなぁとしみじみ思いました。

前作よりも、ちょっと大きい子向けかな?という印象です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

最初は、前作のおまけのように感じました。ルドルフたちの日常のような、でもそれは日々変わっていく。猫も人間も、いっしょです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月30日

オリジナルの『ルドルフとイッパイアッテナ』、続編の『ルドルフともだちひとりだち』
から14年も経ってやっと出た続編。あまり売れなかっただろうな。猫たちが私と一緒に大人になってしまった。だからこそ感情移入してしまう部分もあるし、寂しくもある。悲喜こもごも。いちばん好きなのは2作目だが、いちばん何度も思...続きを読むい出すのはこの3作目だ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月12日

そんなイッパイアッテナに彼女が、と思ったけど特に進展はないようで。

足の長いブルドック君は辛い半生でしたが、無事飼い主もみつかってよかったです。これからおばあさんちで幸せに暮らしてほしい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月20日

ルドルフとイッパイアッテナのシリーズ第3弾。
今回はイッパイアッテナくんはあまり出てきません。

前の2冊に比べるとパンチが弱いんだけど、まぁ面白いお話ではあると思う。

ルドルフくんとブッチーが計略でネコをいじめた犬をやっつけるという主軸が、イッパイアッテナくんの仇としてデビルくんを倒したときと同...続きを読むじだからパンチが弱いんだな。

むしろ電車に乗って浅草へ行く冒険談と、浅草で岐阜にいるはずのリエちゃんに会うシーン、ブッチーの恋バナを掘り下げて欲しかったかも…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月28日

シリーズ3作目。初読み。
随所でルドルフの成長が感じられ、嬉しい。まさかのブッチーがいい男っぷりを発揮。イッパイアッテナは安定して大人。切なくなるところもあるけど、新しい仲間も加わり、にぎやかな雰囲気で進む。
最後は笑顔で読み終えられるシリーズ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月25日

ルドルフとイッパイアッテナシリーズの第3作目。



東京におちついてはや2年。
すっかりこの土地にもなれたルドルフ。
イッパイアッテナやブッチー、デビルと
楽しく過ごす日々だけど
それぞれに変化が‥‥‥‥



前作で出てきたドラゴン兄弟が
またやってきたり
ブッチーに恋人が出来たり
浅草に行くこ...続きを読むとになったり。
そしてブッチーの他にあの子も恋に‥‥‥‥



次巻ではかわいい仔猫たちが見られるかも?
そろそろルドブンにも春が来るといいのにね。笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月12日

ルドルフシリーズ。
ルドルフの成長を見守っている感覚になる。
『ルドルフともだちひとりだち』でルドがノラネコになるか飼い猫になるかで悩んでいたとき、ルドは自分の眠る場所さえ迷っていた。
だけど、「自分はどこに居ても自分なんだ」とわかってから、ルドは迷わなくなった。成長だ。
ルドは心で「教養のある猫」...続きを読むになることを常に意識しているから、おのずと行動が取捨選択されていく。
心に自分が信じるものがあると強い。深い本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月01日

ルドルフシリーズの三作目。
読んだはずだがあまり記憶にない…
また機会を見つけて読みたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?