ルドルフといくねこ くるねこ

ルドルフといくねこ くるねこ

作者名 :
通常価格 1,155円 (1,050円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

笑いあり!涙あり!決闘あり!こんどの「ルドルフ」もおもしろさバツグン!人気の「ルドルフ」シリーズ第3作、ついに登場! つぎつぎとまきおこる事件に、ルドルフたちは、どう立ち向かうのか?元気いっぱい、勇気100倍!ユーモアあふれる痛快ストーリー! ある日、川のむこうからドラゴン兄弟がやってきた。いったいなにをしに?最近、ブッチーのようすもなんだかおかしい。そして、ルドルフにも思いがけないできごとが――。変わらないようでいて、変わっていく世界のなか、それぞれが自分自身を見つめなおしはじめる、ルドルフとなかまたちの新しい物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
児童文学創作シリーズ
ページ数
232ページ
電子版発売日
2019年09月13日
紙の本の発売
2002年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB

関連タグ:

ルドルフといくねこ くるねこ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月01日

    ルドルフとイッパイアッテナⅢ。新しい登場人物も出て、ルドルフは青年(?)になり、イッパイアッテナの出番は少なくなった。このシリーズと「ピアニャン」が東京への憧れのもとだった。新刊が出るらしいので楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月26日

    ルドルフとイッパイアッテナのシリーズの3冊目。

    すっかり東京の半ノラ生活に馴染んでいるルドルフの元に、江戸川の向うの縄張りを仕切る猫のドラゴン三兄弟が訪れてくる。

    川向うの町では犬や猫たちが凶暴な野良犬に襲われる事件が起きていた。
    そこでドラゴン三兄弟は、ルドルフとブッチ―がデビルを倒したという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    ルドルフシリーズ3冊目を黒ねこのルドルフが書き終えました(笑)もう読み書きはすっかり得意になりました。イッパイアッテナには及びませんが~!イッパイアッテナは最近、英語の勉強を始めました。今回はブッチーの登場が多いです。金物屋の飼いねこ、ブッチー!ホームセンターができてブッチーの店は閉店、東京から千葉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月02日

    ついにキョウヨウじゃなく教養に!

    ルドルフがだんだん大人になってるんだけど、なんか相変わらずかわいい(笑)。
    ブッチーとの「おれはねこだ」問答のくだりが好き。

    ねこ達が成長したぶん対象年齢はちょっとだけ上がってる感はあるけれど、この長さにこの濃さで、かつ分かりやすいってすごいな。
    とにかく安定し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    相変わらずいい感じにドラマチックでタメになる。
    たくさんのいろんなテーマがてんこ盛り。

    なにげに哲学チックな場面もあって、一作目・二作目とは微妙に違う面白さ。
    一番は猫の“レゾンデートル”。

    「〜おれはねこだ。」

    まさかブッチーが言うとは思わなかった(笑)。
    キャラ的にはやっぱりイッパイアッテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月17日

    先にこっちを読んでしまった。一作目に比べると、ルドルフに教養が身についていることが分かる。話し方も落ち着いてる。
    ルドブン、ブーブン、いちいちにやっとしてしまう表現が好きだー。
    のらねこの世界にも、友情があったり駆け引きがあったりする。連なってる猫をみたらにやっとしてしまいそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    やっぱりおもしろいな〜ルドルフシリーズ。まさか猫が「自分は自分なんだ」なんて言うとは・・・。本当に教養のある猫になってしまっているな。三冊で完結かと思っていたが、ひょっとして次もあるのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日



    ■ずっと二匹の幸せを願ってたから、
    んで、この巻でそれが叶ったから、
    すごい嬉しかった。


    ■このシリーズを読み終えてから、
    道端で黒猫やらトラ猫に会う度に、

    もしやイッパイアッテナじゃなかろーかとか、
    まさかルドルフじゃねーの、と思うようになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    途轍もなく(とてつもなく)猫の心は寛大なのですね。猫は、にんげん達の幼さ、拙さ、不器用さを、鼻で笑っているのでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ルドルフとイッパイアッテナの第三巻です。

    ルドルフの周りって、とってもすてきな仲間がいますよね。
    前作までよりも、その仲間たちに当てられ、書かれていると思います。特にブッチーがとってもカッコいいです。
    個人的には、デビルが大好きです(笑)犬と仲のいいネコって、あんまりいませんよ!

    イッパイアッテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています