【感想・ネタバレ】ガイユの書 薔薇の灰に祈りをのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

響野さん久々のファンタジーです。
イラストの方も好きだったので買おう買おうと思いながら早数ヶ月…。
もう完結しちゃったので一気に読めると思えばいいのかしらん?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月18日

 ゴシック的な雰囲気。
 魔術師と、魔術師によって死者蘇生された不老不死のドルーという存在がいて、彼らが中心の話。
 グロいというほどグロくもないが、楽しい雰囲気はない。
 主要人物全員、どうしたら笑うのか想像しづらい。
 コバルト文庫に胸キュンを求めている人には物足りないと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月16日

ガイユの書シリーズ1
北方の小さな町の旅宿“白羊亭”にひきとられひっそりと暮らす少女、ポーシア。彼女は己の過去を知らず、愛する者を失い、たったひとりこの世に放り出された“灰かぶり”だった。正体が露見すれば不死の怪物として忌まれる身に、謎の追っ手が次々と忍びより…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月21日

読んでいる途中で思った事は、主人と下僕の話? でした。
読み進めてみれば、そんな簡単な話ではないのは分かったのですが…w
久しぶりの真面目な話だな、と思ったり。

サイドがAとBとに分かれている状態で話が進んでいきます。
重なり合っている時点もあるので、あれがそうなのか、と
裏事情というか、今まさに...続きを読む違う場所で起こっている事が分かったりで
ちょっと面白いです。
パズルを当てはめている感じでしょうか?

ところでこれ、目指している所は『死』なのでしょうか?
それとも救われる事?
どちらに転んでも重そうです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

魔術によって生み出された灰かぶり(ドルー)と呼ばれる不死者。世間から忌み嫌われ、疎まれる存在であるドルーの意味とは。

なんか、切ないというか、かわいそうすぎます。
主人公の大好きなご主人さまは処刑されてしまっているし、普通の生活なんて望むべくもないし、同じ顔の人を探してる人やら同じ顔の魔術師やら出...続きを読むてくるし。
力もない、ただ「死なないだけ」の女の子。
彼女の生きざまを最後まで見届けたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?