【感想・ネタバレ】世界が動いた「決断」の物語 新・人類進化史のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月22日

意思決定論の歴史とまとめ。
ここ数十年意思決定論が出ていて、カーネマンに代表される行動経済学から短期と長期の考えが異なり、歪みが生じるという理解が進んでいる。方法としてはディシジョンツリーや加重平均、スーパーコンピューターを使ったアンサンブル予報、死亡前死因分析、シナリオ分析、あるいはランダムテスト...続きを読むがあるが、本当にその人にとっては一回こっきりしかないような結婚するかどうか?というものに資するツールかはよく考えないといけない。ここでは、温暖化、シンギュラリティ、エイリアンとの遭遇を超長期課題の例としているが、そのようなものに対しては、様々な角度、人、の深く長い分析討論が必要である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月08日

決断の技術を向上させるには、ストーリーが重要とのこと。その為には文芸小説が良いらしい。
小学生の息子には沢山の本を読んでもらいたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月20日

序盤から中盤は退屈に感じた。
5章でようやくこの本で言いたいことを理解でき,それまでが伏線だったことに気づく。
せっかくためになる教訓を述べているのに,この構成は何だかもったいない。

このレビューは参考になりましたか?