【感想・ネタバレ】改訂新版 新書アフリカ史のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2021年01月21日

新書だが本文で700ページ以上あるボリューム。

アフリカの歴史が大局的、網羅的に説明されていて勉強になった。15章、ネイションビルディングがトライバリズムを生み出したというのは目から鱗だった。

アフリカ経済のジレンマを歴史的な流れとして説明されていて理解が深まった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月04日

われわれ日本人はアフリカのことをなにも知らない、というのが率直な評価ではないだろうか。もちろんアフリカという大陸を知らない人はいないし、アフリカの国家をひとつも挙げられない人もいないだろう。智識としては確実にわれわれのなかに共有されている。しかしより現実的な関心となるとどうか。いまはコロナウイルス禍...続きを読むの真只中にあり海外旅行どころではないが、昨年までの人気旅行先はやはり東アジアやヨーロッパが中心で、アフリカの場合は旅行ガイドの売場すら狭くなっている。テレビで取り上げる国際ニュースもアメリカや中国が中心で、アフリカについてはあまり観ることがない。しかし、人類の歴史を紐解いてみれば、その伝播の仕方については諸説あるが、われわれホモ・サピエンスが誕生したのは、紛れもなくアフリカなのである。そういう意味では、もっとアフリカについて関心を持つべきだと思う。本書はアフリカの歴史をその人類誕生のころから現代に至るまで概観しており、非常に勉強になることが多い。かつてはよく「闇黒大陸」と呼ばれ、現在でも発展途上国の代表的な存在として扱われてしまいがちであるが、そのような見方は偏見に過ぎないことがわかる。アフリカにも古くから独自のコミュニティがあり、優れた文明があったのだ。アメリカを中心に現在ちょうど「Black lives matter」運動が世界中を席捲しているが、本書を読むこともまた黒人差別を理解することに繫がるのではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

圧倒的。アフリカについてこれほど遠大に多角的に書かれた本が他にあるのだろうか。しかも日本語で。
もしかしたら、非西洋である日本だからこそ、アフリカから見た世界史、という視点が生まれたのかもしれない。
とにかく20年前にこの企画を考え、成し遂げた編集者の方に敬意を表したい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月18日

かつて、歴史のない「暗黒大陸」と言われたサハラ以南のアフリカ。そうした古い見方はようやく覆され始めた。 本書は五大河川沿いに成立した世界の記述から始まり、それを踏まえて交渉史、ヨーロッパとの遭遇と植民地時代、独立とその後の問題が描かれる。大河沿いの種々多彩な世界、海やサハラを越えた交流の展開、南アフ...続きを読むリカのアパルトヘイト後の「真実和解委員会」の考え方など非常に興味深く読んだ。アフリカではこれからの人類史に大きな影響を与える偉大な知恵が育まれていると思わせてくれる一冊。優れたアフリカ通史。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月04日

通勤で読めるアフリカ通史。植民地化によって「直線的に」で分断されてしまった国家の枠組みではなく。「川世界」や「交渉史」という視角から、新しいアフリカ史を描こうとする熱意に溢れた意欲作。増補によって2018年までの記述が追加された。
「ナショナリズム」「法と裁き」などヨーロッパ的な枠組みを乗り越えよう...続きを読むとする視座が随所に盛り込まれており、個人的にはそれが良かった。
歴史を扱う書物で共通に思うのだが、もっと地図がほしい。本書はだいぶ良心的だけども。
特厚。

このレビューは参考になりましたか?