【感想・ネタバレ】嘘ですけど、なにか? のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年01月20日

嘘・嘘・嘘!口から出任せ!面白かった~♪ 待田の登場の仕方がカッコイイのに、どんどんアホかッ!て小さい男になっていく姿が、殺人が絡んでるのに軽くて面白かった。

いい意味で!くだらない(笑)
周りに公認の嘘つき亜希が気持ちいいぐらい可笑しい。
八郎兵衛と亜希は良いコンビになりそうだなぁ。
それにして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月10日

面白かったです。
亜希ちゃん強い!環さんも強い!女子が国家権力に立ち向かうお話でした。
それに対してエリート官僚の待田のダメさ…叔父さんとばっちりも甚だしいです。
でも、適当に罪状を作って簡単に逮捕とか出来るんだな、、とちょっと怖くなりました。亜希ちゃんは簡単な相手ではなかったのでやってやりましたが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月27日

もうすぐ4月1日。学校は新学期になり、企業的にも新年度を迎える会社が多い。大晦日から元旦にかけて新年を迎える時ほどではないが、新たな学年や年度を迎えることで、気分も切り替わるタイミングではないだろうか。日本にはこういった物事をリセットすることを良しとする風習がある。いわゆる「水に流す」とか「過去を振...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月18日

木内作品最高。今までの影のある主人公たちとは違うが,またそれもいい。ドキドキして笑って,最高でした!!
あらすじ(背表紙より)
水嶋亜希、三十二歳独身。文芸編集者としてトラブル処理に飛び回る日々。仕事を頑張ったご褒美のように、ある日高スペックのエリート官僚と偶然出会い恋が始まる予感が。だが新幹線爆破...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月28日

最初、あんなクズ野郎だと思ってなかったからそんな展開になると思ってなかった。心の声が面白いのとキャラ立ちしてるので、読みやすい。八郎兵衛も以外といいキャラだ。こんな感じのブラックコメディ?また読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月10日

水嶋亜希、三十二歳独身。文芸編集者としてトラブル処理に飛び回る日々。仕事を頑張ったご褒美のように、ある日高スペックのエリート官僚と偶然出会い恋が始まる予感が。だが新幹線爆破テロ事件が発生すると、明らかに彼の態度が怪しくなっていく―私、騙されてる?痛快でドラマティックな反撃が始まる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月06日

「こんな題名でどんな話?」と思ったが、そのまんま題名の通りだった。主人公の亜希ちゃんは、最高に面白い。街田隆介は、なんだかおまぬけなのだが、捨てがたいキャラクターだ。中学生の八郎兵衛も、名前に違わず面白い。すらすらと読めてしまって、後に何にも残らない。リアリティは無いねえ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月21日

木内一裕『嘘ですけど、なにか?』講談社文庫。

木内一裕の10作目の小説。余りにも偶然ばかりが重なる漫画的な出来すぎのストーリーに少しうんざり。最近の作品よりも初期の作品の方が遥かに面白いと思う。

虚言癖を持つ32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希はエリート官僚と偶然出会い、一夜の恋を楽しむが、とてつも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?