【感想・ネタバレ】ぼくの短歌ノート のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月28日

雑誌「群像」で読んでいたが、連続して読むとまた味わい深い。

銀杏が傘にぼとぼと降つてきて夜道なり夜道なりどこまでも夜道

五月来る硝子のかなた森閑と嬰児みなころされたるみどり

にぎやかに釜飯の鶏ゑゑゑゑゑゑゑゑゑひどい戦争だった

硝子戸に鍵かけてゐるふとむなし月の夜の硝子に鍵かけること

『潮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?