【感想・ネタバレ】リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

中学入試出題率No.1

future4227 2019年11月17日

今年の中学入試でダントツ一位の出題率だった作品。講談社児童文学新人賞受賞作品。中学入試問題に使うにしては、ちと軽すぎやしないかと思えるぐらい読みやすく、コミカルな文体。ただ、内容とテーマはとてもいい。少女たちが紡ぐ短歌はまるで俵万智さんのような短歌。日常的な何気ない素材とリズミカルな言葉を巧みに用い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月06日

2018年度の中学入試の国語で多く出題された物語のうち、某塾の先生が最もおすすめする本として挙げていた本。
中学生が主人公のお話なので、おっさんが読んでも爽やかだったーって感じなんですが、こどもにも読ませたいですね。
父親の仕事の都合で一年半マレーシア生活し、中2の9月という中途半端な時期に帰国子女...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月05日

マレーシアからの帰国子女のサヤが、図書委員の先輩に半ば強引に誘われて短歌の世界へ…
私はこんな爽やかな中学生ではなかったけれど、というか、なかったから?主人公が少し羨ましくなった。
帰国子女や国際結婚、異なる宗教などは私がリアル中学生だった30年前には書かれなかった世界だと思う。
とてもすっきりする...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月20日

子どものために購入も、面白くて先に読んでしまいました。
日常生活のなにげない場面も、改めて俳句にしてみると新しい発見が色々あるんだろうな。文章も難しくなく、読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月12日

マレーシアから帰ってきて日本の地元の中学に編入したばかりの沙弥。クラスになじもうと必死の彼女だが、一年上のせんぱいにむりやり「ぎんこう」にひっぱりだされて、いつしかいっしょに短歌を詠むようになる。タイトルは、マレーシア語で五七五七七のこと。もうそれだけで勝利、という感じの楽しいひびき。

ちょっとで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月22日

マレーシアから帰ってくる中学生の感覚がわかりやすい。先輩も、同級生も。この時期のきつさはもっと狭量かもとは思うけれど。短歌の感情表出がそれっぽいのがすごい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月23日

タイトルはマレーシアの言葉で「五七五七七」。話の軸は短歌。
読後感が爽やかな作品。話題が次々展開していくので、一気に読みました。イマドキ中学生の誰もが持つ悩みをよく描いているし、かといって閉塞感のある苦しい空気感ではなく、いろんな人間関係もよく考えられていて、不自然感がない。
短歌、図書室、異文化、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月10日

マレーシアからの帰国子女である沙弥は、図書室の本の督促をされたことから、督促女王と呼ばれている先輩の莉々子と短歌の吟行に行くことになる。吟行を重ねるうちに、怖いと思っていた先輩のやさしさに気づき、帰国子女であることをわらわれないようビクビクしていた自分も変わっていく。

タイトルはマレーシア語で、五...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?