【感想・ネタバレ】戦争調査会 幻の政府文書を読み解く のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月11日

戦争調査会という存在を全く知らなかった 幣原・吉田両氏の努力の賜 さすが外交官
失敗の本質は幾つかあるが
改選のタイミング
満州事変
日華事変
近衛首相 蒋介石国民党を相手にせず
三国同盟
南仏印侵攻

そして終戦のタイミング 最期の一年の犠牲の多さ
決断できず サイパン島玉砕 大空襲
ソ連へ和平仲...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月14日

淡々と読み解かれてゆく。
それは過不足なく、とても頭に入ってゆきやすい。

敗戦後、日本政府が独自にあの戦争のことを調査しようとしていた、
そのことにまず驚かざるをえない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月13日

戦後すぐの時点で日本がなぜ無謀な戦争に突入してしまったのか,その原因究明のために組織された「戦争調査会」。本書第一部はその戦争調査会成立の経緯と解散させられるまでを描く。第二部は実際に戦争調査会が収集した資料(2015年にゆまに書房から全15巻で復刻刊行されている)をもとに日本がどこで道を誤ったと考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

感想

BookLive!マーベリック 2018年02月09日

戦争、戦争直後を知る事ができ、興味ある内容であった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月02日

戦後直後の日本、敗北の原因を探ろうとした人々とその挫折を丁寧に追っていった本。

戦争開始に至る原因を探る当時の人々の考察を追う。
結論としては大日本帝国憲法の運用に齟齬が生じたのが原因だと結論づけている。
そこだけは気に入らない。
大日本帝国憲法の手本となったプロイセン憲法と帷幄上奏権の関係を無視...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?