【感想・ネタバレ】語りつづけろ、届くまで のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年12月18日

男気のある草食系サリーマン坂田勇吉が主人公の第三弾。黒社会の気配と会社員の良心とのせめぎ合いがノワールとはまた違う面白さのある作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月03日

「日本一不運なサラリーマン」坂田勇吉のシリーズ第3弾。

さすがに新鮮味はないけど、相変わらず巻き込まれ型の小説としては面白い。

ただ、大沢作品で思うことだけど、ちょっと気になるのは、誰が何をどうした、という根幹となる主題を、わざとややこしくしてわかりづらくしているように思えてならない。
もっとシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月09日

大沢在昌氏の真骨頂かな。
読み始めはあれ?なんか軽い感じの主人公、そしてほのぼのした舞台やなぁと思いながら読み進めておりましたが途中から一気に大沢在昌ワールド全開。

途中でかつての「走らなあかん、夜明けまで」の主人公だと思い出し、一気にクライマックスまで読み耽ってしまった。

線の細い真面目なサラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月29日

ノンストップアクションノベルの決定版ともいうべき、「日本一不運なサラリーマン」坂田勇吉シリーズの3作目にして、最終作とか。
まあ、一介のサラリーマンがそんなに何回もヤクザとの絡みがあったら、あまりにも絵空事!3回もあること自体すでにそうだが(笑)
今回は、地元東京で巻き込まれた厄介事に、老人会の老人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月21日

日本一不運なサラリーマン、坂田勇吉を主人公にしたシリーズ第3弾。

前の2作に比べるとレベルダウンというか、全く面白くなかった。この落差は一体、何だろうね。

このレビューは参考になりましたか?