【感想・ネタバレ】なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年06月24日

ドキュメンタリー映画って客観的と思われがちだけど全然そうじゃないんやな。それがすごくよくわかった本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月14日

 ナレーションもBGMもないドキュメンタリー映画『選挙』を観て、想田和弘という監督を知る。この手法を彼は「観察映画」と呼んでいる。ここでは、その理論と実践、方法論などが明かされている。
 「観察」とは、製作者である監督のみが行うものではなく、映画を観る者も行うという二重性を持たせた概念である。そのた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月26日

ドキュメンタリーが作り手の作為から自由になれないという意味ではフィクションとの境が曖昧であるという主張は森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」と同じであった.森達也が同書でドキュメンタリーのフィクション性に徹底的に論及するしていったのと比較して、本書では作り手の意思から全く自由になる事はできないが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月17日

台本主義を捨て、僕らの目の前でおこっていることを観察することでみえてくる世界がある。僕らは台本主義、マニュアル、事前知識のおかげで、今そこでおこっていることを見逃してしまっているかもしれない。字幕も、ナレーションもない想田映画が、とてもワクワクして、説明抜きでも何が起きているかがわかって、見返したく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月02日

一種のメディア論でもあるが、筆者の映画や被写体、そしてこの偶然の積み重ねである世界に対する愛情が感じられた。

結局、映画でもテレビでも何かを表現することは世界を切り取ることであり、つくり手の「主観」が入るわけだけれど、この本に書いてあるようなことを知っているか知っていないかってことは結構重要である...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月10日

この本、思いの外、面白い。新書向けの文体だと思う。新書でも、学術論文っぽいくせに、冗長的なものもあるけれど、これは、スルスルと、文字通り映画でも見ているかのように読み進んでしまう。構成が、ドキュメンタリー映画作家ならではだと感じるのは、褒めすぎ? けれど、著者が提唱する観察映画が、ナレーションも台本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月23日

気付きの多い本だ。「台本至上主義」からの脱皮を望む潜在願望があったのだろう。

例えば何かのプロジェクトや会議の前には事務局として「落としどころ」を模索しがち。オチに無理矢理持ち込むんじゃなくて、もっとその場のライヴ感みたいなものから新しい発見があったりしないのかと思ってたところ。
そうゆうとこでも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月06日

想田監督の創作態度に大いに共感。
モチーフを100%伝えるなんてできっこないことをわかりながらも
清濁あわせのむ世界を自らのフィルタを通し誠実に表現したいと努力する監督。
そうやって意識して作っているドキュメンタリー作者、意外と少ないんじゃないかと思った。
望ましくない現実も許容すること。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月19日

8/19
意味を付与しない→現実の多義性
観察映画→様々な解釈に開かれた映画
出来事が現実に起きたという保証がフィクションとドキュメンタリーを分ける
言葉を使うこと/使わないこと

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月12日

私は、取材・執筆の仕事をしています。

仕事でなくても、「これは面白い」という感じたものは、NPO活動という別の枠を使って、取材しにでかけています。

「取材したい」と思うのは、その取材対象に魅力を感じているから。
だから、その対象に会って、もっと詳しく聞きたい。
それで、取材に出かけてしまう。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

観察映画。想田監督の作家との視点から学ぶ、日常を捉える方法は、映画鑑賞に限らず、勉強になるところが多かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月07日

ドキュメンタリー映画を最近好んで見る。多額のお金をかけずにプロの俳優も使わずに、自分たちのお金で自分たちの映画を撮るドキュメンタリー映画。有名になって大ヒットしたりすることもないけれども、じわじわと感じられるよさがある。

そんな映画の中でもマイナーのドキュメンタリー映画の中で、ちょっと変わった映画...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月13日

ドキュメンタリーというジャンルで映画を作っている監督が自分が撮った映画『選挙』『精神』『peace 』という作品をベースにドキュメンタリーについて、自分の作品について深く記述してある。ドキュメンタリーといっても様々な方法や手法があることや、監督自信が撮影するに当たって気をつけていることや自分の作品へ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月28日

 「精神」や「選挙シリーズ」のドキュメンタリー映画監督の想田和弘が「PEACE」の撮影の裏側交え、ドキュメンタリー映画とは何かを語る。

 ナレーションもBGMもない観察映画を手法とする想田監督。テーマを持たず撮影をし、撮り終えてからテーマが見えてくるのだと言う。だからこそ、映画を見る方は多彩な感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月30日

恥ずかしながら今まで知らなかった映画監督、想田和弘さんの著作です。
「台本や事前のリサーチ、ナレーションや音楽などを使わない「観察映画」の提唱者」だそうで、本書ではドキュメンタリーとは何か、なぜ人がドキュメンタリーに惹かれるのかについて、想田さんの丁寧な言葉で綴られています。
4章にある、

究極的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月30日

フレデリック・ワイズマン

結果的にテーマが出てくるのはよいが、製作中にテーマに縛られないことが肝心なのである

個人的には、タイトルはシンプルであればシンプルであるほど、観客の頭の中でイメージが広がりやすく、強い印象と余韻を残すのではないかと思っている

ショットが長ければ長いほど、観客に自分の目...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月09日

今夏「Peace」という映画を見ました。
その監督がこの本を書いているのですが、映画の裏側、思いを綴っていて、予備知識なく映画を見た私の(映画を見て不思議に思っていたことの)謎解きをしてもらいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月21日

実は、一度学校の講演で、選挙の撮影時のお話を聞いていて、
あっ、と思い読んでみた。
その後の作品が、テーマというか内容が少し気が引けて観ていなかったが、
機会があれば観てみたいなぁ、と思った。
ドキュメンタリーと一重にいっても色々な考え方があるのを深く知れて良かった。作者の知見も◎

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月08日

Peace」の想田監督のドキュメンタリー論。映画を通したもミュニケーション論と受け取る。映画において監督はピッチャーなら、観客はキャッチャーではなく、バッター。どう打ち返すか。見る側の力が、良い映画には試される。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月01日

虚心坦懐に素材を観察した結果から見えてくるものを編集する撮影手法に意外性を感じた.「選挙」には個人的に強いメッセージ性を感じていたし,あれだけ面白い作品がプロットなしに撮られたとは到底思えなかったからだ.
監督の撮影手法が自分の脳に実装できたとしたら,ありふれた日常も,何かしらの意味性を帯びて立ち上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?