【感想・ネタバレ】ラブリィ! のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月27日

多くの人が見た目を気にしていて、それは思春期であればなおのこと。
主人公・拓郎は自分が撮った映画でコンクールで念願の賞を取る。
喜ぶ拓郎だが、ふたを開けてみれば審査員に褒められているのは主演を飾ったクラスメートの涼子。涼子は、みんなからブスだとバカにされている女子なのだが、拓郎は映画にぴったりだと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月28日

多感なお年頃・中学生が人の見た目について考えながら成長していく話。
主人公の男子中学生とその友達がとってもいい子で、読んでいて嬉しくなったり泣きたくなったりした。
こんな子が居てくれて良かった。ありがとう!
という気になる。
世の中こんな子ばかりだったら平和だろうな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月31日

「ブス」の涼子を主人公に映画を撮ったことから、なぜ人は見た目を気にするのか悩む拓郎。みんなの知らなかった本音もわかり、たどり着いた境地とは。
主人公の拓郎が適当なようで正義感が強くすてきです。涼子も魅力的。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月03日

中2の男子で、こういった見た目の問題に正面から向き合っている子がいるのかというとそうはいないだろう。しかも、真面目キャラじゃなくて回りからも浮かずにうまく立ち回ることが出来るタイプで、というとまさにフィクションだから成り立つ感が強い。そう思っても、主人公の拓郎は魅力的だ。
素直でまだ小学生のようなあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月22日

 冒頭でカレーがぶちまけられるシーンはイマイチ説得力がない。が、ラストの、涼子を笑顔にする映画を撮ると決意する拓郎が爽やかでよい。おじさんの登場で外見についての深い思索をするようになったり、細かい部分に発見があり、少年の気持ちになりきっているところがよかった。
 コメディタッチな話で、シリアスな部分...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月26日

井手拓郎、14歳、青少年創作映像コンクールの審査員特別賞を受賞した自称天才映画監督。
その特別賞の受賞作品に主演女優は、だれもがブスと思っていて、いつも1人でいる田沼涼子。でも学校では拓郎の作った映画での主演女優は柚木亜美菜がだと思われているし、亜美菜自身も、次回作を期待するかのように拓郎に部活で作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月01日

人は見た目から入る。まず性別での見た目。男か女か。男が男を好きになったらおかしいのか。必ず矢印の方向は同じなのか、と。デブにブスにという見た目。クラス1のブスを主演に撮った映画が審査員特別賞受賞し、そこから……
ラブリィ! ってタイトルが大好き。とっでラブリィな一冊

このレビューは参考になりましたか?