【感想・ネタバレ】やりたいことは二度寝だけ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月19日

初読み。『二度寝とは、遠くにありて想うもの』をレビューで知って興味を持ち、その前編となる本書を購入。芥川賞作家の力の抜けたエッセイを楽しんだ。そして、著者の友人ネタを読んで、三浦しをん嬢のエッセイと共通するように感じた。小説もエッセイも上手い。芥川賞や直木賞を受賞する実力がある作家であるからこそ、エ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月19日

著者があとがきで語るとおり、「何も残らないし、ひたすら地味で意味も無いけど、読んでる間少しらくになった、と感じ」ることが出来る良い本でした。「自慢話も、ちょっといい話も、お説教も、他人の不幸も、全部疲れるけれど、何かちょっとだけ読みたい」時に最適。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月16日

ゆるいエッセイ読みたいと思って読んだ。ゆるいというよりは地味というか、小規模すぎる感じがした。
小説を読んだことがないからイマイチわからないところがあるのかもしれないけど、あえてのこ感じなのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月04日

とりとめーもない話だけど、津村さんってこんな人なのね!とか 日常のなかから作品につながったこととか そういうのが垣間見れてたのしかったです〜!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月10日

あとがきや解説にもあるけど、気のおけない友達と本当にどうでもいい話をだらだらとしているような感覚で読める。
悩みごとは何ら解決してないけど、でもまあちょっと気が紛れたし明日からまた仕事頑張るわ、といって電話を切る/喫茶店を出る、みたいなそんな気分になれるのです。

このレビューは参考になりましたか?