【感想・ネタバレ】黴 爛 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年06月04日

自然主義文学に位置づけられる徳田秋声の小説2編。全般的に登場人物の心の動きや内面的告白が少なく、読後に陰鬱な印象が残る。

このレビューは参考になりましたか?