【感想・ネタバレ】立花美樹の反逆 THANATOS のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月05日

<あらすじ>
新道系新興団体・BoNの奥多摩本宮に家出した立花美樹。
立花真樹とその友人たちは美樹を取り戻すためBoNに潜入する。

その祭壇で心臓をくりぬかれ剣が刺さった教祖の死体を発見
みんなビックリして逃げ出し警察を呼び祭壇へ戻ると
教祖の死体が消えていた。

教祖が元結婚詐欺師だったことや信...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月15日

家出したミキちゃんを連れ戻しに行くお話。
このお話で一番幸せなのはミキちゃんな気がする。知らぬが仏ですね。
一番大変なのが矢部君。可哀そうなのはカナさん。
ミキちゃんのこともカナさんのことも、気づけよ!と思うのですが思い込みってそういうものなんだろうな。
前回に続き真樹の敗北が。今後に影響を与えるの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月16日

章順バラバラw 初回は本の順通りに、2回目は章順に読んでみたけどどちらも楽しめる。ミステリとしても完成度が上がってきたんじゃないかな。

しかしこの双子は同人ネタに事欠かないねw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月13日

タナトスシリーズ7作目。
ミキちゃんカルト団体に入信。

章順に読むのと、頁順に読むのとどっちがわかりやすいのか迷ったけど、どっちでも割と大丈夫。

矢部くんがんばって!

アリアドネは今後どうなるんでしょうね。地に堕ちた探偵の姿を見てしまったのですから。

8作目まだかなー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月04日

いろんな人をまさに総動員!…すぎて、何人か『誰だっけこの人…』な人もちらほらでしたので前作を読み返したいなぁと思います。

変装メンバーに途中までガッツリ騙されました。こういう騙され方すきです。

章順がバラバラというのをレビューで知っていたのでどう読むべきか悩みましたが普通にそのまま読みました。時...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月10日

宗教団体に入信という、思考斜め上どころか、どこから出てきたのか
問いただしたい行動に走った兄。
そして元の日常へと戻らせようとする送りこまれたのは
人にのっかかろうとしたクラスメイト達。

いやもう…誰がどういう偽名使って、どこにいるのか
必死に考えてしまいました。
目的はすぐに分かったのですが、運...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月22日

THANATOSシリーズ第7弾。
間違えて先に8作目を読んじゃったけど、あまり支障なし。
カルト教団に入信したミキちゃんを、真樹が手駒総動員で連れ戻しに行く話。

高槻さんに湊さん、出屋敷さんはもちろん、自然科学部員やカナさんまで、今までのメンバー総出演。叙述トリックではないけれど、誰がどの名前で潜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月18日

タナトスシリーズ第7弾。
周囲に死をもたらす”死神”美樹がカルト教団へ。弟の真樹は手駒を送り込んで彼を呼び戻そうとするが…
人里離れた教団でもやはり熱帯魚と巨大水槽。事件も派手だが、最後の高槻たちの大冒険に全部持っていかれた感じ。前作でも使った斧はもう経費でおとしてあげてもいいのでは…
今回は双子の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月12日

探偵の名を持つ全ての神は地に堕ち、道化と化す。


誰も彼もが手のひらの上で踊り、渦中にいることさえ
あやふやになる。
読者さえも、例外ではない。
美樹の隠れ場所は、早くに分かったが、
高木や秋月に関しては全く分からなかった。
探偵は死神がいなければ、ただの人間でしかない。
目論見が誤れば、なす術も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月12日

7作目。ただでさえ小ネタ満載なのに色々と
不穏な空気が漂うシリーズなのに、今作は
とうとうカルト宗教が登場。
もう面倒くさくて、ややこしくて、血ナマ臭く、
狂ってるんだろうなー。予想がつくw。

よりに寄って「美樹」が奥多摩にあるカルトに入信。
そんな美樹を家に連れて帰る為、「真樹」が
使える駒を駆...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月30日

立花美樹か奥多摩の神社に消えた。彼を探すはめになったのは高校生5人。彼らを待ち受けるのは俗世塗れの祭主、異様に聡明な巫女、口聞けぬ美少女、喚く蓬髪の老人、包帯怪人といずれも怪しげな新興宗教の者たち、そして大祭壇の死体消失から始まる不可能犯罪だった。高校生たちは美樹を探しだし、無事に生還できるのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月18日

 どれだけ涼宮ハルヒリスペクトなんだろう(笑)
 いつか来ると思っていたネタが出てきたので、満足した。

 が、この先これってどうなるんだろう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月04日

他作品の名前をこんなに出して大丈夫なのかしらと無駄にドキドキ 叙述や意図的な章入れ替えなど工夫が面白いです。でも多分こちらはこの物語の本質の5割もわかっていないんだろうなー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月27日

へぇー4章から始まるんだーって思・・・
途中で章が順不同だと気がついた汗)

しかも11ページ読んでなかった><
書いてあるじゃん

いつもとは違うな~って、雰囲気

次回に期待!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月23日

一回読んで、再度読み直して、なるほどと思った後に、目次やら本文の章番号がシャッフルされてるのに気づきました。(テへ。人間の目って意外とフシアナ)
んー。今回は登場人物多くて各キャラの活躍が中途半端に描かれちゃって勿体ない。人数減らして役割分担見直すか、ページ数増やして大暴れさせるかすればよかったんじ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?