【感想・ネタバレ】難民探偵 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年07月31日

面白かった!西尾さんらしいと言えばらしいお話で、色々と勉強になるとこともあった。パッと見ると長々としてそうに思えて、読んでみるともう終わり?!という気持ちがした。もう一度読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月01日

「難民探偵」というタイトルながら、これは探偵小説…なのか?
どちらかと言えば、探偵の相棒が主役的な位置づけとなっている、「ワトソン小説」とでも呼ぶべき、とてもユニークな小説でした。

本人曰く、「どこでどう選択を間違えてしまったのかわからない」まま、就職浪人となった窓居証子(まどいしょうこ)は、祖母...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年04月29日

【うるせぇ】

最初の何ページか、思わず伏せたくなるほどダルい語りを我慢すれば(そここそ人は西尾節と呼ぶのかもしれないが)、最後までずんずん読み込んで行ける。そして、最後まで読めば最初の何ページかも少しは愛しく思えるのだ。

結果からいえば、もちろん毎度のことになるがメタっぽいオチが付くわけだけど、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月20日

西尾さんにしては珍しくミステリしていて…というのは初期の戯言シリーズと比べてみれば…という点においては、なのですけれども、ともかく読みやすかったですね!

ヽ(・ω・)/ズコー

しかし、相変わらず出てくるキャラクターはアニメキャラみたいのばかりでして、全然人間味がない…のは今も変わらないですねぇ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月06日

 就職に失敗して叔父の家に居候することになった窓居証子。そして彼女は、小説家である叔父の知人である根深という『難民探偵』と呼ばれる男と知り合う。
 行きがかり上、根深のお目付け役をつとめることになった証子だったが……という話でした。

 警視庁に今もなお、籍を置く難民探偵が事件を解決するという割とあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月21日

これといった能力もなく、働いた経験・・・バイトすらしたことがない。
驚くほどに考えが甘く、それでいてプライドだけは超一級品。
気が付けば行き場もなく、しっかり就職難民へと一直線。
でも、証子は魅力にあふれている。
要領も悪く、やたらと無駄なところできちんとしている。
危機意識は心配になるほど低い。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月09日

 西尾維新の単発作品は『ニンギョウがニンギョウ』や『少女不十分』などを見る限り、ぶっ飛んでる印象があったけど、それに比べると、というか西尾維新としては「普通」な印象。

 ネカフェ暮らしでいろいろ訳アリな根深さんや、変人な作家の京樹さんなど、一応登場人物は個性的だけど、そこまで突飛ではないし、展開や...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月05日

西尾維新作品らしく、キャラクタが魅力的なので入り込みやすき、一気に読めました。
ミステリとしては、良くも悪くも、オーソドックスです。

でも

テーマとしては、謎解き以上に、組織の一員として働く事への問いかけ、があったように思います。

それに答えを出しているわけではないのですが、
主人公含め、あら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月13日

はじめての西尾維新。人間が言語を話すのではなく、言語が人間をつくる。西尾維新はそういう「倒錯」―それは近代的人間観からすればだが―に依拠する作家なのだろうと、思った。とにかく、会話、会話なのである。就職活動中であるという主人公の設定、売れっ子作家であるという京樹の設定、一件貧相だがやり手の警視総監、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月09日

西尾維新味が薄めだった印象。
主人公のキャラクターのせいか、静かな語り口のストレートな推理小説だと感じた。
種明かしされてみればとてもシンプルなトリックだけど、自分では想像もつかなくて最終章まで楽しく読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月08日

西尾維新さんの割には普通のミステリ。グロさは無いし、死ぬのも被害者の一人だけ。探偵役がネットカフェを塒にしている難民探偵という設定だけが西尾維新作品らしさ。
オチとかトリックは早々に予想がついた。もう一捻り欲しいくらいだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月31日

維新さんにしてはオーソドックスな印象。登場人物はいいキャラが揃ってると思うけど、飛び抜けたところがないのが苦しい。むしろ、ここからシリーズとしていろいろ広げられそうな気はするが、そういう感じでもなさそう。

このレビューは参考になりましたか?