【感想・ネタバレ】ルート225 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年08月19日

とても好きな漫画! エリ子の不器用で不機嫌な感じがかなり可愛かった。志村貴子の描く表情が驚くほどマッチしていたと思う。浮遊感のある結末に納得。原作も読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この作品を知るずっと前に、類似したストーリーの夢を見たことがあるんです。
すごくインパクトがあって覚えていたので、はじめてこれを読んだときはびっくりしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

やっぱり志村貴子は上手だなぁ…。
お父さんとお母さんの抜け落ちた世界は悲しすぎて、涙が出ました。
Aのお父さんお母さんの元に、子供達が行っていたらいいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月13日

ダッシュの世界に迷い込むという超常現象関連が、
原作でどういう文章で書かれているのかわからないが、
日常生活が変わってしまった、パパとママがいない、なんだか微妙にずれている、
といった感覚(ソフトSF)がとてもうまく処理されている。

主人公の女の子、気弱なダイゴ、わりと優しくて頼れそうなマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月09日

 いつだったか、深夜映画で実写版のを見てやけに頭の中に残っていたので、古本屋で偶然見つけて購入。
 ちなみに原作である小説のほうは読んでおりません。

 ストーリーのほうは予め映画のほうでわかっていたから、結末はわかっていたものの、結構面白かったです。
 絵もカワイイし、個人的には好きな絵です。
 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月25日

元の世界には帰れず、なおかつ自立の願望も叶わないという
恐ろしく理不尽、けれどゆるゆるな改変が行われている
この苦笑い感がまさに志村貴子ワールド

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月17日

ラストは意外で、自分の生き方についてまで考えさせられた。
ただ主人公の心理をなぞる形でストーリーが描かれるので、
たまに時間軸通りに進まなくて混乱した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月23日

店頭のお試し版で気に入って。
ほぼ衝動買いです。

独特のテンポと表現

じっくり見るほど面白い表情

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

不思議な世界観の物語と志村先生の柔らかい絵柄がマッチしていて、とても良い感じに仕上がっている作品だと思う。マッチョいいよ、マッチョ。ちょっとおもしろくて、ちょっと切ない。そしてかなり不思議。大切な人、大切な時間、大切な思い出。自分の今いる世界、自分の今いる場所を、思わず再確認したくなる。たぶん、そん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

これまでの世界とは少しだけ違う、別の世界に行ってしまった姉弟の話。
異世界では両親が行方不明になっていたり、仲違いしたはずの親友と親友のままだったりしている。
元の世界に帰って両親と会うために、奮闘する姉弟だが……
少し切ないお話。逆境からも強さを得る姉に好感が持てます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月09日

イミフ!
わからな過ぎて友達とどうおもうよ?会議になった。
自分なりの答えが見つかった人はそれなりに面白い漫画なんじゃないかなー。
(おれは無かったけど)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月19日

何か怖い話だった。
自分が生きている世界がいかに確実でないか。
それでも、人にはいかに適応能力があるか。
でもきっと言いたいのはそういうことじゃないのだろうか??
原作を読みたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月15日

原作が好きすぎて辛めの評価。ハッピーエンドよりも、原作のどうしようもなさをくんでほしかったように思う。ダッシュの世界に入り込んだ違和感をもっと描いて欲しかった。でも、お姉ちゃんの仇討ちかっこよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月21日

志村先生の絵で、こういう世界観って言うのは妙に自然でいいな。編集部偉い。

元のお話を知らないのでなんとも言えませんが、志村先生がそもそも登場人物に寄り添って、それありきで展開して行くのが上手なのでこの不思議な世界観にあまりおいてけぼりにならずに読むことが出来ました。泣き所ではちゃんとじんわりできる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

読んでみてすぐに、あれ、これって映画で一回見たな。とピンと来た。そうか、あれか、と。けれど、ラストだけはちょっと違うふうになっていた。読んでいて、なんだか心をギュッて掴まれるような、そういう切なさに襲われるのは何でだろ。志村さん、さすが。。。映画とどっちがいいかっていうと、どっちだろ、わからん。ちな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

エリ子とダイゴの姉弟。
公園からの帰り道、ちょっとずつズレた世界に迷い込んでしまう。
今いる世界はどこ?不思議な物語。

二人の気持ちの揺れ動く様子がとても丁寧。
マッチョ良い味だしてるなぁ。

Book1stにていつだったか衝動買い。

このレビューは参考になりましたか?