【感想・ネタバレ】日本人のための日本語文法入門 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月20日

学校で習った国文法ではなく、論理的に日本語を説明することができる文法理論、それが日本語文法である。眼からうろこである。面白かった。ボイス(態)、アスペクト(相)、テンス(時制)、ムード(法?)。表題と解説。コトと話者の気持ち。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月22日

外国人の学ぶ、日本語を運用するための”日本語文法”を0から教えてくれる入門書。言葉も平易でとっつきやすく、初学者には最適。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月19日

こないだ読んだ本多勝一「日本語の作文技術」で出てきた、日本語では主語は重要じゃないという話をもうちょっと詳しく知りたくて読んだんだけど、これが当たりだった。説明が実にわかりやすいし、そもそも日本語学習者向けの文法説明というのが理論的でわかりやすくできているので、理解しやすかった。「日本語の作文技術」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月12日

国文法は日本語の本質を表していないことを痛感。外国人のための日本語文法の重要性に気がつかせてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月13日

語句ひとつひとつの意味を掘り下げることで、微妙なニュアンスの違いを理解できる。ふだんの我々が感覚的に読み書き話す言葉の意図や、潜在的な狙いが、文法を学ぶことで顕著化する。
日本語文法の学者たちが、いかにして自らの母国に問いを投げかけ、体系化していったのか。そんな足跡をうかがえるだけでも、十分に価値の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月24日

学校で習う日本語文法はとにかく退屈。その日本語文法をわかりやすく、取っ付きやすく解説してる。英語でおなじみの要素が日本語にも存在することに驚き。文型、自動詞と他動詞、受動態、複文と従属文。言語学的に日本語を知ることで、外国語との違いを理解する足がかりになりそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月13日

そうか、そういうことだったのか、とスッキリ。外国語の勉強を始める前にこの本に書かれていることを理解していれば...と思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月25日

こういうことを教えてくれなかった高校のカリキュラムに対する怒りが湧いてくる。
この本の記述自体は教育的配慮からかなり冗長になっているので、普段から文法を意識して日本語を使っている人なら専門外の人でもこの本の1/5ぐらいの記述で同じ内容を理解できる気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月18日

 外国人に教える為の日本語文法をつかった、日本人のための文法入門。小学校・中学校でも、こういう教え方してくれればいいのに、と心の底から思う。
 いまさら文法? いやいや、日本語のしくみを学ぶということは、日本人がなにを大切にしているのかを学ぶということにもつながる。
 例文として感心したのは、留学生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月22日

日本語文法が非常に分かり易く書いてあり,また,日本語に隠れた日本の文化の良さまで書かれている。言葉はその国の文化を表すというけれど,そのとおりだなと思った。外国人にもお勧めしたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月09日

日本人だけど、日本語について知りたいと思って手に取ったこの本。私たち日本人が学校で学んだ国語文法と外国人が日本語を学ぶ時の日本語文法を比較して、外国人からの視点で、日本語の文法を説明してる。自然に話せているから、文法について考えたことない分、改めて日本語文法を考えさせてくれて、とても面白かった。語学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月23日

私たちが学校でならう「国文法」とは別に、外国人に日本語を教えるための「日本語文法」なるものがあることを知るきっかけとなった本。

とても興味深く読んだが、ページ数の関係から内容がやや中途半端。

興味が湧いた方は同著者による「考えて、解いて学ぶ日本語文法の教育」を読んでさらに理解を深めることをお勧め...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月27日

日常的に日本語を使っている日本人には分からない、ニュアンスとしての日本語の話がてんこもり。少し学術的に偏っている感もあるけど、翻訳業の人間には有用。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月25日

ムード、ボイス、テンス、アスペクトといった外国語文法ではおなじみの道具立てでもって、日本語がクリアに説明されていくのは壮観です。
ついに日本語がグローバルスタンダード(?)の土俵に乗ったかとの感慨すら覚えます。
そして、クリアに説明されているだけに、日本語と英語との差異が浮き彫りになります。間接受身...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月19日

無味乾燥だった学校文法に比べて「日本語文法」の斬新さに驚嘆した.外国人に日本語を教えることがベースになっているからか、英語との対比が面白かった.昔話の「おじいさんとおばあさんが」の「が」と「おじいさんは」の「は」が英語の冠詞のaとtheに対応する件は、思わず「その通り!」の声が出た.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月08日

テーマは興味深く、面白く読むことが出来ましたが、説明が足りないと感じる部分がありました。もう少し詳しく説明された日本語文法の本を読みたくなりました。日本語文法の入口の本としては有用だと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年12月29日

学校文法とは異なる日本語文法の姿に初めて触れることができた。
ボイス(態)、アスペクト(相)、テンス(時制)、ムードといった聞きなれない用語も、概略が分かりやすく理解できた。
丁寧で分かりやすい説明というのは、このような文章なのだと感心させられる。
文化・メンタリティと言語が不可分であることも、よく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月16日

扱われているのは次のような内容。
・日本語の文型
・コトとムードの文構造
・自動詞他動詞の機能
・ボイス
・アスペクト
・テンス
・ムード
・複文

部分的には知っている話もあったが・・・。

自動詞他動詞の問題は、動詞の性質(あらわすものが動作か、状態か、変化か)ということと関わる。
このことが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月11日

まえがきから今まで自分たちが学校で学んできた文法と、実際の日本語文法と違うという指摘があり、
全くそのことを知らなかった私にとっては目からうろこが落ちる思いでした。

また、普段何気に使っている言葉には、何をどう選択するのが正しいかという論理的な理由があり、
曖昧だと思っていた言葉が実はかなり明確な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月02日

日本語は難しい。
日本語が難しい。
どちらも文法的には正しいけれど、与える印象が違う。
その「なぜ」を紐解く一冊でした。

普段何気なく選んでいる言葉の繋ぎには
理由と意味があったんだなあと改めて感じます。

このレビューは参考になりましたか?