【感想・ネタバレ】企業戦士 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年04月09日

「組織の冷徹さ」「働く意味」を問うた江上氏らしい内容です。
主人公は激務のため過労死をした地方ゼネコンに勤務(していた)企業人。

(死んだ主人公が幽霊のような状態で)残された家族や弁護士が(主人公が)過労死に至った原因を追及していく過程、それに対する勤務先の冷徹な対応、そして勤務先を取り巻く環境(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月09日

家族,お金,地位,名誉
やりがい,夢,正義
愛,信頼,信用
欲・・・

様々なことを考えさせられる・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月12日

大手ゼネコンで営業部員として働く主人公・野口は、市の体育館建設を巡って一般競争入札が行われる予定の書類を作っていた。常務、課長は、市民運動グループを主宰していた市会議員、市長の元片腕であったフィィクサー的な存在の男らと組んで、指名競争入札という名の談合へと画策しようとする。談合というものを背景に、過...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月03日

よくある設定の題材かと思います。
読み進めていくと、なんとなく次のストーリーが分かってきてしまったのは残念・・・

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月26日

【企業戦士】 江上剛さん

A市の建設業界最大手・大稜建設、その大稜建設で営業を勤める野口哲也。彼は気がつくと死んでいた。。っというのも彼の意識だけが残っており
自分が何故死んだかというコトを全く覚えていなかったからだった。。
警察ではどうやら自殺と断定したらしいが、それすらも全く覚えていない。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月18日

僕の内定先の大先輩にあたる方の作品。企業と社会のあり方、その企業で働くコマである社員の葛藤を描いていた。

正義とはなにか、について考えさせられる。
自分の正義を貫くか、会社の利益を優先するか、社会人にとって永遠の課題だろう。前者のようになりたいという想いを持ってはいるが、自分の正義を貫くのは組織に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月18日

サクサク読めて、この物語内ではハッピーエンドで終わってよかった。

本来こんな上手くいかないんだろうけど、物語ならこれくらいの軽さでちょうどいい。
裁判もサクサク。
テンポよかったと思います。

でも、個人的によかったほうだ、と思ったわりに、感想が出てこないw汗

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月30日

サラリーマンがある日死んでしまったら?
幽霊目線で語られる労災(過労)認定との闘い…

物語の主題は裁判や会社の対応だが、ほとんどは家族愛がメインとなっている。

このレビューは参考になりましたか?