【感想・ネタバレ】大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年09月25日

著者は日本史を専門とする研究者。現在、東京工業大学社会理工学研究科教授、という肩書きがまず目に留まる。
日本史と東工大? 社会理工学、って何だ?
異質なもの同士の出会いから、今まで見えなかった姿が見えてくる。歴史meets数量分析の1冊だ。

江戸の商人というとまずはなんと言っても三井(=越後屋)ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?