【感想・ネタバレ】ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月16日

(1)
「ピノコ愛してる」で、命を救えなかっことに一人悔しがるブラックジャックの姿に目が留まる。

(3)
ふたりの黒い医者」
「それでも私は人をなおすんだっ。自分が生きるために‼」(p.266)

ネコと庄三
「おいで洋子」(p.364)

ふたりのピノコ
「ロミもお医者になるよね。先生…好きよ。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月13日

『医者はどこだ!』

『海のストレンジャー』

『ミユキとベン』

『アナフィラキシー』

『人間鳥』

『雪の夜ばなし』

『海賊の腕』

『とざされた記憶』

『ふたりの修二』

『鬼子母神の息子』

『ナダレ』

『畸形嚢腫』

『ピノコ愛してる』

『後遺症』

『ダーティー・ジャック』

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月22日

僕の好きな作品。「ときには真珠のように」、「めぐり会い」、「六等星」、「アリの足」、「二つの愛」、「おばあちゃん」、「三者三様」、「友よいずこ」、「助け合い」、「勘当息子」、「ある女の場合」、「執念」、「奇妙な関係」、「虚像」、「ゴーストタウンの流れ者」、「山手線の哲」、「落としもの」、「焼け焦げた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月29日

多分、手塚 治虫に初めて出会ったのは、アニメ版の「ジャングル大帝」。次が、「リボンの騎士」かなぁ。
初めて読んだ手塚マンガが、多分、「ブラック・ジャック」だったと思います。

手術のシーンが、衝撃的でした。

今読んでみても、やっぱり、「ブラック・ジャック」は、特別に面白いですね。
ピノコって、こん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?