【感想・ネタバレ】クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月26日

番組解説の要約なれど、さすがにちょくちょく入る論考が素晴らしい。番組だけでは面白さにかまけて、ここまでの情報は得られないかと思う。
第三章の鴻上理論の一丁目である世間と社会についてもかぶる個所もあるが更新している知見もあり、重要。
第九章最終項『「分類」か「関係」か』も孫引きだがわかりやすい文化比較...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月16日

事例も、その反応も興味深い。その上で、日本スゲーみたいな浮かれた心情とは、スタンスを異とする著者だから、異文化理解、時代突破の示唆書として、深く読むことができる。

話題の幅広さ、分析の鋭さの両面から見て、5つ星です。

・日本発:アイスコーヒー、ストレートパーマ、スーツケースに車輪。国力よりもこん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月02日

2006年から続くBSのcool japan司会の鴻上尚史が書いた本。クール・ジャパンがクールでないのは周知だが「コスプレはよくてフィギュアはダメ」という文句が気になり読んだ。
日本人はそう思わないが外国人にとってクールなものがあるというのは承知していたが、外国人、特に西洋人が理解できない日本人のセ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月30日

テレビ番組に携わっている著者が、そこで取上げた話題や、更に踏み込んだ外国と日本との着想の違いに関する考察や、“クール・ジャパン”が「日本発の好いモノ」、「日本が誇るべきモノ」という“一般名詞”的な意味を帯びたり、“政策”のようになる中で、「演劇文化を担っている」という立場も交えて思ったことを綴ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月28日

 脱アンチNHKとなってから、たまに氏の番組を見ていたが、書籍化されたので入手。過去のネタも知り、単なる日本礼賛的内容ではなく、独特の舌鋒で、かつ軽いタッチで突っ込む内容。それが良かった(類似の本や番組は結構好きだったので、本書の内容はほぼトレースでき、ネタ的な新鮮味は特にないのだが、それでもおもし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月25日

NHK番組「COOL JAPAN」から得た見識をまとめた一冊。
著者自身が司会を務めている番組のため、甚だ説得力のある内容に仕上がっている。

主に海外の文化や風習を紹介しながら、日本の異質さにも斬り込んでくるあたり、自己の相対化と客観視の重要性が本書の根底にあるテーマと言えよう。

また、政府の「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月16日

内容はそう濃くない。単に、「クールジャパン」なものを並べているだけというならその通りなのだが、単に洗浄便座とかアイスコーヒーとかいうだけでなく、いつの間にか日本やアジア、ヨーロッパに人間の考え方、感性の違いにも及ぶ。

家畜の出荷にセンチメンタルになる日本人を大笑い。
赤ん坊は生まれたらすぐ別室。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月26日

NHKワールドプレミアムで放映中の『cool japan〜発掘!かっこいいニッポン〜』で司会を務める鴻上さんが語ります。外国人が「これはクールだ」と思った日本の数々のもの。洗浄器付き便座、ママチャリ、アイスコーヒー。「大阪人の気質」というのもランクインしていて笑えます。外国人が「コノインロウガメニハ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月24日

自分の知ってる、あるいは知らない「クール・ジャパン」と、クールじゃないかもしれないけど、とにかく世界と違うニッポンが紹介されている。そしてさすが鴻上さん、硬軟織り交ぜて独特の表現で読みやすくクール・ジャパンを教えてくれます。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年11月25日

相手を知り、自分の国のことを具体的に知ることは、やがて自分自身を知ることにつながるんじゃないかと思います 企業の謝罪会見を見た西洋の人たちは、「泣いている時間があったら、何をするのか早く言うべきだ」と思うそうです 日本人は
ストレスを忘れようとする 人間が儀式を求める時は、その存在を精神に強く刻み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月14日

クール=カッコいい、優れている、素敵だ。1位洗浄機付便座、2位お花見、3位100円ショップ、4位花火、5位食品サンプル、6位おにぎり、7位カプセルホテル、8位盆踊り、9位紅葉狩り、10位新幹線、11位居酒屋、12位富士登山、13位大阪人気質、14位スーパー銭湯、15位自動販売機、16位立体駐車場、1...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月05日

一気に読みました^ ^ え〜そこ?^^; といいたくなる視点、たくさんあるんですね〜(・_・; ただ単に、日本は素晴らしい!ではなく、ものの考え方、そのものを見直すいい機会になりました(^ ^)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月28日

鴻上さんはいつ読んでも面白いなあ。語り口が飄々としてて一見軽いんだけど、とっても洞察が深くて感心し、ためになります。dating period のとこがすごくスッキリしました!そうだろうなとは思ってたけど、ここまでハッキリ書いてるものは初めて読みました。

あと日本人は世間話はするけど、社会話はしな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月06日

日本のこと、海外のこと、その差異などが細かく書かれていて最後まで面白く読めた。
筆者の語り口が軽妙。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月20日

クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン
(講談社現代新書) 2015/4/16 著:鴻上 尚史

著者は作家・演出家。81年に劇団「第三舞台」を結成し、演劇活動をスタート。ラジオ・パーソナリティ、映画監督など幅広く活動。NHK BSの「cool japan 発掘かっこいいニッポン」では2006...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月29日

著者がNHKで司会している同名の番組のまとめのような本。

「世間」と「社会」とは著者の発見か。

官民がうまく補いながら日本を売り込んでいければ良いと著者はいうが、今の官僚には無理だろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月21日

・西洋人は子供に良き「発信機」になれと教育します。東洋人は子供に良き「受信機」になれと教育する。
・今のテレビは「ニッポンにしがみつく」崖っぷちの感じ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月12日

毎週録画して見ている番組の一つにHNKのクールジャパンがある。これは、その司会者の鴻上尚史さんの著書。番組を見ているので、ほとんどのエピソードは記憶にあるものだが、テレビでは声に出せない本音が聞ける内容にもなっている。クールジャパンの政策がヒットしたのか同課は知らないが、ここに三年の海外からの旅行者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月20日

「クール・ジャパン⁉︎ 外国人が見たニッポン」鴻上尚史
日本文化評論。特になし。

NHK BSのクール・ジャパンの司会をしている鴻上さんが、番組や自分の海外経験から書いた、クール・ジャパンとは?を問う一冊。
特に、鴻上さんの持論であるという、「世間」と「社会」に生きるという括り、つまり日本人は世間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月26日

日本ってすごいすごい、と自画自賛するだけでおわらないところがよいです。東洋と西洋の違い、東洋の中でも東アジアとそれ以外での違いなど、外からクールと表現される部分に目をむけながら、これからの「クール」を考えられる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?