【感想・ネタバレ】オネエ産婦人科のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月07日

私の中で
出た!公共交通機関で読んじゃいけないシリーズ!

めっちゃ泣いた、嗚咽しそうになりました。

最初は、面白く読んでたけど最後はヤバかった。
涙、ボロボロで嗚咽しそうなのを声を殺して読みました。

最近、読んだ中での私の中での大ヒット作品です。
この本が星5なら他の一つ下げなきゃって思うくら...続きを読むい私の中では大好きな作品です。

読みやすさももちろんですが、すごい母親の気持ちを代弁してくれるような文もあり。

旦那さんにむかって
あなたは子どもを産むことも育てることもなにもわかってない〜に続くセリフ、母親なら「うん、うん」って思う人多いんじゃないかな?

人は、幸せになるために生まれる。その最初の手助けをするのが産科医
すごい!その通りだなぁって。

本の中に出てくる病院、素敵!
こんなところで産みたい。
初めて行ったら、驚き戸惑うかもしれないけど。

ステキな作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月18日

ありえない設定!

最初はキャラで引っ張っているんだろうと訝しんでいた。

でもさすが当事者へ丁寧に取材してきた筆者の想いがこもった物語。

産後うつや夫婦の葛藤は一筋縄ではいかないやりとり、何が正解かもわからない、リアルでぐっとくるエピソードも。

傷ついた経験があるから人の痛みに寄り添える。

...続きを読む主人公がたくましく母を乗り越え、真の親像を理解していく姿にも共感!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月17日

目に見えるマイノリティの人たちから学ぶ自分のなかのマイノリティの発見。辛いことやチャレンジングなことを経験した人たちだからこそ、優しくなれるし強くもなれる。”普通”なんて人はただのひとりもいないんだということを思い知らされた本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月18日

“この世の誰もが「マイノリティ(少数派)」であり「マイノリティこそがマジョリティ(多数派)」であるとも言える”
という箇所になるほど!と思った。社会の多様性を受け入れながらも流されない生き方が出来たなら自分らしく生きれるのではないと思わされ、考えさせられる本だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月27日

心に傷を抱えた主人公が転職したのは、ちょっと変わった産婦人科医院。いや、ちょっとじゃないかも!?
でも、院長をはじめ、そのクリニックで働く人たちからは今までに感じたことがない優しさを感じる。

人は辛い経験を積んでいくたびに優しくなれると僕は思っている。他人の気持ちを本当の意味で分かることは出来ずと...続きを読むも、その人の心に寄り添ってあげることは出来る。
気の利いたアドバイスをもらうより「うん、分かるよ」「よく頑張ったね!」なんて自分を認めてもらえた方が心底嬉しいものだ。

ここに登場するクリニックのスタッフは、ゲイやレズビアン、バイセクシャルなどセクシャル・マイノリティーである。彼ら、彼女らは過去は本当の自分を隠して生きてきたが、今はここ〃オネエ産婦人科〃で自分らしく生きている。

そんなオネエ産婦人科の素敵な仲間たちと働くうちに、親とのトラウマから自分らしく生きることが出来なかった主人公の中で少しずつ変化が起きてきた。

人はたった一人で生まれてくる。
しかし、一人で生きていくことは出来なくはないが、親をはじめ色々な人と出会い、学びながら生きていくことで人生の彩りが豊かになってくるものだ。

スマホやネットが主流である時代の今、人とのコミュニケーションの取り方が苦手な人が増えている。得てして、大切なことをちゃんと言葉にして相手に伝えていないことが少しずつ人と人の間に溝を作っている。自分にとって大切な人ならば尚更だ。大切な人ならば、大切なことをちゃんと言葉にして伝えていこう。改めて、そんなことを感じた。

心の針に触れた一節
「愛は循環していくもの。誰かからもらった愛を、誰かに返す。その誰かがまた別の誰かにつなげていく。この世のすべてほつながっている。」


















このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月07日

表紙はともかく、登場人物紹介や挿絵も入っててびっくりした。挿絵必要だった?

映像関係の人だからか、読みやすかった。
映画化、ドラマ化しても面白そう。

悩みや、トラブルもサクサク解決した気はするけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月05日

ぶっとんだ設定ではあるけど、こんな産婦人科、こんな人たちが実際にあったら、いてくれたらいなと思わせる。
たくさん笑ってホロリと泣かせる読みやすいけど、大事で優しいテーマの作品。

普通って、なにかな?

本筋とは関係ないけど、院長のトレーニングのBGM。音楽好きなら、なるほどとニヤッとしてしまう選曲...続きを読むがいいね。

このレビューは参考になりましたか?