【感想・ネタバレ】東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月16日

東田直樹さんが13歳のときに書いた『自閉症の僕が跳びはねる理由』は多くの人に読まれ、障害のある世界とそこに生きる気持ちをいきいきと伝えました。20歳になった東田さんが、今回は精神科医の山登敬之さんと手紙のやりとりの中で発達障害や記憶、愛や嘘について率直に語り合った一冊。

このレビューは参考になりましたか?