【感想・ネタバレ】睦月童のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月17日

人の罪をその目の映し出すという不思議な目をもった、睦月神の里からきた睦月童のイオと日本橋の下酒問屋の跡取り息子、央介の物語。最後に向けての加速度が素晴らしく、一気読み。人々がイオの目に見出すのは本当に罪なのか、睦月神とはなんなのか、最後は西條さんのデビュー作を思い出すファンタジーテイストだったけど、...続きを読む央介とイオの絆が救い。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月07日

人の罪を映し出す目を持った少女イオ。
イオと出会ったことで、己の罪を悔い改め、更生の道を歩んでいく酒問屋の跡取り息子・央介。

イオが央介に寄せる信頼、二人の絆が微笑ましいな~と思って読んでいたら、話が思いもよらない方向へ。

睦月草に宿っているのは神か、はたまた人の生血を啜る魔か、、、。
イオが目...続きを読む覚めた世界が央介と共にあることを願っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月22日

不思議な目を持った少女と、彼女によって改心させられた酒問屋の跡取り息子が繰り広げる時代小説とファンタジーとの融合小説。
ほのぼの系で推移するかと思いきや、後半は彼女の出生地での哀しい顛末を迎える。
睦月神がいるというその地は、不老不死の里?!
そこでの里長の言葉に、同感する女性もいるのでは。
「女子...続きを読むが何故、美しくあらんとするか。なぜ老いを恐れ、若くあらんとするかーそれはな、男が絶えず、若く美しい女子を求めているからよ」
「老いという誰もが直面する現実は、女から美を遠ざけ、子を産むという役目すら奪う。女としての価値を失ったとたん、男は見向きもしなくなる。女は誰しも、その不安から逃れることができない」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月25日

酒問屋の放蕩息子 央介はイオの目を見つめることができない。そんな自分を恥じて自分なりの後始末をする。そして他の人や事件と出会っていく。
イオが生まれた里の不思議、縛りようなものの事ももう少し知りたかった。

このレビューは参考になりましたか?