【感想・ネタバレ】韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのかのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年07月21日

韓国大統領の文政権。学生時代から左派で有名な人物、親中従北の主体主義思想に心酔した人物とか。従軍慰安婦や徴用工の問題も裏で煽動する中国の存在。前大統領の朴大統領のでっち上げ逮捕など、韓国国内、中国や北朝鮮、アメリカとの関係が、今後、表面化するか。そんななか、日本の対外政策が試されている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月21日

情勢の動きが早い昨今、発行から1年(元の記事の発表からはさらに1年)たった本書の状況分析の妥当性は不明(洪氏が期待する保守系の若者の存在は本当か?)だが、仮に正しいものとしても、著者らが示唆する日韓保守勢力間の協力が実効を上げるのは、現文政権(というか親北左翼政権)が政権を手放してからだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月22日

晋州市は我が市と姉妹都市であり、これまで重ねて訪韓したし、友人も少なくない。一方で、我が県には竹島があり、国レベルでの領土問題がある。文在寅大統領は、先の訪米でトランプ大統領から単独会談をわずか2分間しか与えられず、歯牙にも掛けぬ扱いであったように報じられた。そんな韓国の内情を談ずるふたり。現政権は...続きを読む、朴槿惠を虚偽・捏造によって弾劾・罷免した従北左派勢力であると断じて警鐘を鳴らす。いつしかジャーナリスト櫻井よしこ氏の物言いには極端な保守右派の臭い濃くなり、著書に触れてみれば、もはや恐るべき民族主義者に違いない。ここまで排他的な弁ならば、北との問題解決は対話ではありえず、強兵しかない。そのためには改憲だ、さらには原発によって核技術を絶やすなといわんばかりの煽動を繰り返す。こんな人だったっけ?

このレビューは参考になりましたか?