【感想・ネタバレ】老いる勇気 これからの人生をどう生きるかのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2018年11月07日

『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』に続くアドラー勇気シリーズ!?第3弾です。ご自身の介護の体験から得た見解など、テーマは老いる事に置いてますが、前著と同様にアドラー心理学をベースとした生き方への指針です。もちろん老死について考える貴重な機会になりましたが、一方でアドラー心理学の復習にもなりした。俗世...続きを読むにまみれて忘れかけていたエッセンスもあり、気持ちを新たに人生の折り返し地点へ向けて歩みたいと思います。
 
本書に「哲学は50歳から」と言う内容があります。私も人が本当に成人できるのは50歳だと思うし、私の人生の折り返し地点も50歳以降なので、まだ『老いる勇気』という言葉にどこか馴染めない自分もいます。でも周囲の同世代を見渡すと、かなり老け込んでいる人もいるし、もう歳だから...を連発して老化を早めている人も多いです。そう考えると『老いる勇気』よりも『老いない勇気』が必要とさえ思います。岸見さん、勇気シリーズ!?第4弾はこれでお願いします(^^;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月28日

アドラー心理学から人間の老いについて語っている。老いた時を幸せに生きるには自分の見方を少し変える勇気が必要であるという。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月11日

アドラーの心理学を高齢者の生き方に重ねた本。新しく聞いたことはあまりない。ダンスを踊るように生きるのが老人には一番。一本の直線と思ってはいけないという話が印象的。

「年をとってすっかり欲がなくなったという人もいます。この場合の無欲は、時として無気力という合併症を引き起こし、それが身体的な衰えを加速...続きを読むすることもあります。
理想からの減点法ではなく、自分が積み上げてきたことを加点法で評価する目を持つ(過去の自分を理想として見るのも同じこと)」

「時間や人生を一本の直線として捉えている。「あなたは今、人生のどのヘンにいますか?」と訊ねると、若い人は直線の視点に近い方を、年配の方であれば終点に近いほうを指す。
しかし、たとえどこかに到達しなかったとしても、そのプロセスの一瞬一瞬が完全であり、完成されたものであると考えることもできます。喩えるならダンスのような動きです。ダンスは、踊っている一瞬一瞬が楽しいのであって、踊り切らなければ楽しめないというわけでもどこかに到達するために踊っているわけでもありません。」

「我々は我々の愛する者に対して、自分が幸福であることよりなお以上の善いことを為し得るであろうか」-三木清

『人は誰かを幸福にしたり、誰かに幸福にしてもらってりすることはできません。家族の幸福を思うなら、まずは自分が幸福であること。それ以上のことはできないのです。』

『人は幸福に「なる」のではなく、幸福で「ある」のです。』

『朝から不機嫌で怖い顔をしている人は、その人自身がその日をつまらなくしているばかりか、腫れ物に触るように接しなければならない周りの人の気分も悪くします。生きていれば、時には嫌なこともあるでしょう。しかし、そのことに心を奪われ、不機嫌を露にしても、事態が改善されることはありません。幸せな老年を望むのであれば、まずは毎日を機嫌よく迎え、機嫌よく過ごすことです。』

『歳を重ねると、人生がこの先長く続くことに俟つことはできません。人生を先延ばしにせず、今したいこと、できることは今しようと決め、そうすることで、今ここに生きることの喜びを感じることも、老いの特権といえます。』

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月10日

介護をテーマに「老い」との向き合い方を示してくれる本
学生の私が読むには早い気もしたが、今知っておくべき知識も詰まっていた。

親にしてもらったことをそのまま親に返すことはできない。自分の子や孫そして後輩にしてもらったことを還元できるような大人になれたらいいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月28日

岸見さんが他の著書で話されていることと共通したものであり、さらっと読めるがシンプルで大切なことを再認識できた。

視点が老いなので、老いることと子供を育てることの例が多く取り上げられていて、自分の身近な人たちと重ねてよりリアルに考えさせられた。


親が子供に理想を押し付けられたと感じると、その良し...続きを読む悪しではなく、子供に負けないためにという理由で子供の提案を受け入れないようにする、というのを読んで、ようやく反発する親の気持ちが理解できて過去の自分を反省。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月31日

理想からの減点法ではなく、自分が積み上げてきたこと
を加点法で評価する眼を持つ。

生きているだけで、他者に貢献できる。
働かざるもの食うべからずではない

大人になる三つの要件
1 自分の価値を自分で認められる
2 自分が決めなければいけないことを自分で決められる
3 自己中心性からの脱却
→あり...続きを読むのままの親を受け入れる

『褒める』のも『可哀想』も上から目線

生産性で物事を考えない。今を生きる、楽しむだけ。

マウンティング(職業や年齢を訪ねる事)は自分と他者との優劣をつけている。こらは劣等感や虚栄心の表れ。

成功と幸福は違う。
幸せそうで羨ましいと思うことは、その人の幸福を見ているのではなく、成功に注目している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月27日

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」とタイトルは似ているが、続編ではなく岸見一郎のみの著書。
アドラー心理学の「不完全である勇気」を第1章のテーマにしているからだろう。アドラー心理学では他者貢献についても述べられている。
他のテーマとしては哲学が多く、三木清をよく引用している。基本的に著書の親の介護で...続きを読むの経験に基づく老いて行くことに対する考え方が述べられており、介護で辛い思いをしている時に読むと、気持ちが楽になるだろう。
哲学臭くなくて読みやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月06日

タイトルで気になり購入しましたが、老いる事は避けれない以上、何かしらのヒントが得られるかと思いきや、個人的にはあまりピンと来ない印象。アドラーの心理学と著者個人の経験を交えた内容は、哲学的な考えに伴う人生の過ごし方と言う事で、オリジナル的な部分は少ないです。この内容の流れで、アドラー心理学を読んでみ...続きを読むるのも良いのか?と感じました。結局の所、人生の先の事は分からないので、悩んでも仕方ないと言う所に落ちつくのかと。

このレビューは参考になりましたか?