【感想・ネタバレ】錆喰いビスコのレビュー

書店員のおすすめ

唸るキノコ。激走する蟹。重装甲エスカルゴ空機。
何を言っているのか分からないかもしれません。

が。ひと度、この作品を読み始めた途端。

ビスコの射る矢の音、キノコの弾ける音、
錆風の匂い、ワニ饅頭の香り、
ビスコの修羅の形相、ミロの爽やかな笑顔、
それらが五感を刺激し心を揺さぶるのです。

あぁ本って楽しい。。。本読むの大好き。。。
そんな気持ちに浸れること請け合い。

デビュー即、このラノ2部門1位は伊達じゃあありません。

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年07月03日

全てを錆びつかせる錆風の脅威。錆喰いキノコを求めるキノコ守りのビスコは、医師のミロを相棒に暴れまくる! 
荒唐無稽で外連味たっぷりの熱血小説! 友情なんて言葉じゃ言い尽くせないバディ! 
こういうカッコいい物語大好きですよ!!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

熱い。。。

ホップステップズサァ 2020年02月16日

少年漫画のような熱さですね。勢いハンパないですです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2019年11月13日

評判通りとても良い作品でした。
独特の雰囲気と熱い展開で読了後はスカッと気持ち良くなるようなストーリーです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月08日

このラノで1位だったのでとりあえず追従して買いました。
新人だけれど全体的に筆力が優れていて、読む上では全く気になる所はなかったと思う。特徴はなんと言っても後半のシーンの切り取り方で、こちらの心をつかむような「魅せる」描写が絶妙で、読後感の充実ぶりは間違いなくこれらのシーンのおかげだと思う。
難癖を...続きを読むつけるとしたらやはり世界観だろうか。半分ファンタジーのような世界設定と、サブキャラや土地、社会制度みたいなものへの言及が少ないので、作品にのめり込んで読むような読み方ができず、一歩引いた視点を読む側に強いている印象。鬼作とまでは言えないかなあと。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月09日

ツイッター上でこの作品の事が流れてきて興味を持ち購入。非常に熱い少年漫画のノリで、ノンストップに展開するストーリーはとても面白かった。一本の壮大な映画を見終えた気分。続刊がある事でビスコが死ぬことは無いと分かっていても中盤以降の展開には落涙した。ミロの成長ぶりが素晴らしい。良い相棒もの。すでに購入し...続きを読む待機している2巻も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月17日

アニメ化が決まり、最近推している鈴木崚汰さんがビスコ、そして相棒を花江夏樹さんが担当するという事で早速買って読みましたが、少年マンガ展開で楽しく読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月04日

主人公が、強いけどチートというほどではなく、弱いというわけでもないというところが残念。写真家が、出てきた意味もわからないし、読む手が止まらないというような話でもなかった。話は普通におもしろかったので、もうひとつ何か欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

文章力がやばい

tk 2019年11月23日

後輩に進められて買ったけれど、文章力が高すぎる。

脳内でアニメが流れるほど、流麗に文章が踊っていた。

さすが賞を取った作品だなと。

もったいないのは主人公は死なないってのが分かりきっているのに、死んだような演出を入れたこと。登場人物達は熱くなるけど、読者は冷めてるので温度差を感じた...続きを読む

これも全体が素晴らしいからこそ目立ってしまった問題な感じ。

あとは、綺麗に完璧に一区切りつきすぎて、次巻を読み始めずらい。もっと1巻で色々伏線や気になることを残して欲しかった。

しかし、こんな長文書きたくなってしまうほどに、素晴らしい作品であることには違いありません。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月07日

 山口貴由の少年漫画をそのままライトノベルという媒体に落とし込んだような作品。とにかく熱い。
 秀逸な伏線が無ければ、驚くようなトリックが仕掛けられている訳でも無い。しかし小説という情報量で、子供の頃に親しんだあの熱さがある。

 主人公の赤星ビスコはきのこ守り随一の強弓。気性荒々しく、傲岸不遜。し...続きを読むかし情に厚く、如何な逆境でも不敵に笑う男。
 錆び風で荒廃した世界にあって、豪健闊達に諸所諸々の艱難をぶち抜いていく様はひどく爽快だ。
 特に戦闘シーンが素晴らしい。大小様々な難敵達がビスコに立ちはだかるが、ビスコはこれを待ってましたと謂わんばかりに相手取る。縦横無尽にあちこちを駆け回り、血で血を洗う大乱闘を繰り広げるのだ。
 無双ではない。並々ならぬ力を持つビスコだが、苦境に立たされることも多い。それでも彼は放たれた矢のように立ち向かっていくのだ。

 連れ立つのは猫柳ミロ。荒んだ世界でなおも慈愛を振りまく医者で、優男だが芯が強い。
 その強さはビスコに感化されることで、ページを捲るたびに、打ち据えた鉄のような粘り強さへと変わっていく。
 この物語はビスコが無二の相棒に出会う話であり、ミロが矢のように生きる男の影響を受け成長していく話なのだ。
 最後、ひ弱に思えた彼が名実ともにビスコと並び立つシーンには思わず涙腺が緩む。

 人喰い二人組が関所を飛び越え次はどこへ行くのか楽しみである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月26日

楽しかったー!
ビスコとミロの出会いと旅と戦いと愛とキノコ。ラノベのよさがぎゅーっと詰まってて最後までワクワクしながら読ませてもらいました。最後のお礼に訪れるところまで、すごく好きだなぁー。あとがきまでスキーてなりました。
わたしもヒャッハーの世界大好き…。

とにかくわくわくする。楽しい。
一冊で...続きを読むぎゅっと一つのお話が詰め込まれていて、大満足。その上で、続きも楽しみ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月02日

圧倒的な世紀末的な世界観を作り上げ、ヒャッハー的な世界で生命力あふれるキャラクターが駆け回る。
勢いよく読めるが、読んでるこちらも体力を使う、そんな作品

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月19日

さすがこのラノ新人賞&作品賞
スケールの大きさと、戦闘描写、キャラ
どれをとってもかなりのクオリティ
変にラノベラノベしたお色気やギャグもないのが硬派で良い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月10日

ビスコとミロの微BL

ストーリーは軽快で、息つく暇もなく敵が現れてくる。
世界観の設定は独特で、錆が人を侵し、それをキノコが浄化するところが、ナウシカのような世界を彷彿とさせた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月12日

久々に熱くかっちょいいラノベを読んだぜ!という気持ち。
パウー姉さんすきだーEカップか…。
ビスコとミロ…ビスコとミロは…すごいな…まあ……今後を見守ろう。うん。2巻もあるみたいなので楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月05日

勢いと情熱を感じるお話だったな。あー、このひとこの物語をとても楽しく書いたんだろうな、っていう。自分には余りキャラクターがハマらなかったけど、この熱量をぜひ維持してほしいなあ。

このレビューは参考になりましたか?