【感想・ネタバレ】フォールアウトのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年09月02日

オズの魔法使で知られるカンザス州ローレンスを舞台にした本作でも、お馴染みのメンバーは健在。ぺピーなどはいつもよりも登場場面が多いほど。いつもと違う生活で、ヴィクはいつも以上に絶体絶命の大ピンチ。恋人ともうまくいかず、八方塞がりの状態から、さてどうなるか。黒人差別や反核運動、土壌汚染など大きな社会問題...続きを読むに対しても、個人ができることは「信頼できる人と力を合わせる」ことだけなのかも…などと、ふと我が事として考えてしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月21日

懐かしいメンバーがみんな元気でよかった。
ただ、だんだん登場人物の名前が覚えられてられなくて困る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月27日

シカゴの女探偵ヴィクことV.I.ウォーショースキーのシリーズ。
カンザスでも旋風を巻き起こします。

前作で登場した女の子バーニーに頼まれ、窃盗の疑いをかけられた青年を探すことになったヴィク。
行方をくらませては疑いが深まってしまうのだが、老女優とカンザス州の町へ向かったらしいのだ。

老女優の故郷...続きを読むは、かって核ミサイル配備への抗議行動が行われた町。
初めてのカンザスでの捜査は勝手が違うが、愛犬ペピーを連れていったので、行く先々で可愛がられ、場が和んだり。
女優の暮らした地域を調べようとするが、いきなり死体を発見したのから始まり、次々に過去の出来事の不審な点を探り当てていく。
聞き込みに行った住人に「あなたが来てから新聞が面白い」と言われる始末。
さらに、世間知らずの元気なバーニーが追ってきてしまい‥?

作者は10年ほどカンザスで暮らしたことがあり、あまり良い経験ではなかったらしい。
それも作品に活かされている?
長い年月、町の人々をおおっていた重層的な事件の苦さ、切なさ。

60を過ぎてもすらっと若々しくパワフルで前向きなヴィク。
作品中の年月も現実とともに流れ、そんなヴィクを書き続ける作者のタフさとサービス精神に脱帽です☆

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年10月06日

探偵ウォーショースキーの19作目。

ヴィクが珍しくシカゴを離れ、
カンザス州に愛犬ペピーと人探しに向かう。
小さな町で太陽を背にした時の影のように、
自分より自分の噂に先回りされながら聞き込みを続ける。
その途中、なぜか自分の父親捜しにも巻き込まれれる。

シカゴに土地勘も愛着もないのに今回の舞...続きを読む台でないせいか、
軍や細菌研究所が登場したのが気に入らないのか、
しっとりと上手くいっていたジェイクとの別れのせいか、
隣人コントレーラスが登場しないせいか、
ちょっと面白くなかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月13日

ヴィクが、シカゴを離れ、一人、カンザスで活躍したお話。ストーリーはいつものように、年齢を感じさせない体張った仕事ぶり。そしてスイスへ行ったジェイクとの別れ・・・。20代ならジェイクと一緒にスイスへ行く選択もありだろうけど、50代の女に今の人生リセットさせるのはなあ。やっぱり曲げられないよねえ。犬がい...続きを読むれば男は要らないって強がるヴィクの気持ちがわかって、事件よりそっちに思いがいったけど、最後に地元の警察官と寝るって・・・ほんと年齢感じさせないわ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月25日

また別れるの⁉︎?…でもミスタコントレーラスは元気そうだしいいかと思って読み進むうちに引き込まれ。
ウチもワンちゃんがきたばかりなのもあり、ペピーのお利口さんぶりに感嘆しながら読んだ。
家族同然のひとたちや、友人との関わりを大切にしながら、相変わらず正義を貫くカッコよさ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月05日

北朝鮮の核ミサイルが大きな問題となっているこの時に、アメリカの核ミサイル配備と反対運動を話の核にしたこの本が書かれたのは、偶然?
本が分厚く、途中までは五里霧中で一向に進んだ気がしなかったので、読むのに少し時間がかかった。
ペピーは賢くて可愛いね。ヴィクの疲れを癒やしてくれる存在なのがよく分かる。

このレビューは参考になりましたか?